おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
育つための囲い込み
囲い

      ご近所さんに教えられて、カボチャの苗を肥料袋で囲んだ。
     こうすると、カボチャの葉を食べる虫の侵入を防げるそうだ。
     以前から何のために囲っているのか不思議だったが、そうだったのか。

      本当は苗を植えると同時に囲む方がいいけれど、今からでも
     遅くないという。
     そう言えば去年、葉を食い荒らされて枯れた苗が何本かあった。
     今年は、逞しく育ったカボチャが囲いを乗り越え、力強くツルを伸ばすだろう。

      お百姓さんの何気ない工夫に脱帽!

      ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif
関連記事
スポンサーサイト
2012.06.04 Mon 15:58:27 | 畑仕事| 4 comments
コメント
この記事へのコメント
ポコ ア ポコ
かごめかごめの里さん おはようございます。

 ポコ ア ポコ
お嬢さんが学んでいるスペイン語ではなく
イタリア語の音楽用語で、
「少しずつ」「ゆっくり」という意味だそうです。
馬かロバの足音のような響きがありますね。

 山里でポコ ア ポコと暮らしていると、
せかせかバタバタしていた勤め人のころには
気にも留めなかった路傍の花が
見えて来るようです。
2012.06.05 Tue 08:43:42 | URL | 沢太郎 #fZUo1r6Y[ 編集]
連作障害
はしちゃんの詩さん おはようございます。

 去年豊作だったので二匹目のドジョウを
期待して同じ畑に植えたのですが、
カボチャにも連作障害があるのではないかと
今ごろになって気になっています。
畑の突き当たりの石垣の上から
田の神さんが見守ってくれてますから、
大丈夫だとは思いますが。
2012.06.05 Tue 08:32:25 | URL | 沢太郎 #fZUo1r6Y[ 編集]
そうだったんですね。
確かに畑で見かけながら、その意味、役割を考えたことはありませんでした。

29日の涼やかな野の花たち。
桔梗草、靫草、紫蘇葉立浪…調べながら漢字に置きかえ、さらに、単漢字も。

これまた、そうだったのかぁ…いえ、へぇ~と感心するばかり。

虫がすだく…知りませんでした。何と奥深い表現。
自然とともにある暮らし、虫の音までも楽しむ日本人。

スペイン語を勉強中の末娘、曰く、日本が一番いい。
たしかに…。
2012.06.04 Mon 20:19:56 | URL | かごめかごめの里 #-[ 編集]
ドーナツ?スープ?
たくさんのカボチャがごろんごろん転がる収穫時期が楽しみです。ドーナツやスープに調理して食べたいです。貴地の畑のカボチャなのに勝手ながら、捕らぬなんとかの胸算用をしております。
2012.06.04 Mon 19:54:33 | URL | はしちゃんの詩 #6TN8vIt6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。