おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
栗の林が原野に還っていく
荒れ山㊤

      栗の山と林の緑が濃くなった。
     ついこの間まで、あわあわとした新緑だったのに……。

      毎年100キロ余りの栗を収穫して道の駅に出荷していた。
     だが、それも去年までの話。
     体力の衰えと腰痛を理由に山と林を地主さんにお返ししてしまったからだ。

      何ごとにも終わりがあることは分かっているけれど、
     山の草を刈ったり、イノシシが壊した水路を直して、秋には
     栗を拾う暮らしが終わってしまったかと思うと、なんだかせつない。

荒れ山㊦

      下草は年に2回、5月と栗が落ちる直前の季節に刈った。
     5月の草はまだ柔らかいが、夏を越した草は固く、大きくて手ごわかった。
     
      草を刈る人がいなくなった林は早くも草ぼうぼうだ。
     地主さんは高齢で草を刈れない。
     私に代わって山を管理しようという人も現れない。
    
      山と林は日々、原野に還っていく。

      ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif    
関連記事
スポンサーサイト
2012.05.24 Thu 17:33:18 | 畑仕事| 6 comments
コメント
この記事へのコメント
農耕遺跡
らぼっち さん こんにちは。

 昔は田んぼや畑だったのに
木や草が茂って、そうは見えない場所が
山里には、たくさんあります。
後世、また農耕遺跡を発見!などと騒ぐ
時代が来るかも知れませんが、
一次産業を粗末にして
人類がそのころまで生きのびているかどうか
疑問ですね。
2012.05.25 Fri 18:14:25 | URL | 沢太郎 #fZUo1r6Y[ 編集]
気持ちは若く
リィママ さん こんにちは。

 どんなに若いつもりでも
枯れて行くのは避けがたいこと。
これは私の実感。

 せめて気持ちだけは老けこみたくないと
思っていますが、これもなかなか難しいですね。
2012.05.25 Fri 18:06:24 | URL | 沢太郎 #fZUo1r6Y[ 編集]
山の思い
健忘庵さん こんにちは。

 栗の林も元は食糧難の時代に
山を削って作った棚田だったそうです。
米が要らなくなって栗を植えたのでしょう。

 人の手が入らなくなって荒れたというのは人間の見方。
山からすれば、やっと元に戻れると
喜んでいるかも知れません。


2012.05.25 Fri 17:57:50 | URL | 沢太郎 #fZUo1r6Y[ 編集]
こうやって年々農地が荒れていくんですね
このままでいいわけないのですが
ならばどうすればいいのでしょう

農業、漁業といった一次産業が
もっと儲けることができるれば若者の見方も
違ってくるのでしょうか・・・
2012.05.24 Thu 23:46:46 | URL | らぼっち #-[ 編集]
うまく表現できませんが・・
道の駅などで売っている栗は、こんなに時間と労力がかかっているのですね!?

数年前のことですが、信頼している主治医から「年相応に枯れなさい」と主人が言われました。
頭の手術をする前でしたので、暴飲暴食を諌められたのでした。
飲み屋さんで度々居合わせたりしたようで・・

無理が利かない年齢に段々なっていってますが、同世代の先生の言葉はやけに含蓄があって、年相応に枯れていくのも悪くないかもって思えるようになりました。

沢太郎さんにもお体を大事にして頂きたいです。

2012.05.24 Thu 23:03:17 | URL | リィママ #-[ 編集]
切ないですね。
うーん、そのように人手が入らないと、原野に戻っていくのですね。
2012.05.24 Thu 18:25:04 | URL | 健忘庵 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。