おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
お医者さんには内緒で
やぶア

      夏本番は、まだまだ先の話なのにミニ果樹園は草ぼうぼう。
     放っておけば草は胸まで伸びる。
     足元に何が潜んでいるか分からない状態では、うかうか歩けやしない。

      お医者さんは、草刈り機を使うのは腰に悪いからダメだと言うけれど、
     実際に無気味な草むらを歩くのは私。
     草刈り機をあきらめる代わりにハンマーナイフを使うことにした。

      ハンマーナイフはエンジンで自力走行するから、手を添えて歩きながら
     草を粉砕する分には問題ない、と思う。
     ただ、方向転換するときは、かなり腰を使う。
     「ほら、それが腰に悪いんだよ」と、お医者さんは言うだろうなあ。

やぶイ

      休み休み1時間ほどで、ミニ果樹園は小ざっぱりした。
     この調子なら菜園の草も刈れるかも知れない。
     ただし、お医者さんには、このことを黙っていよう。

      ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif     
関連記事
スポンサーサイト
2012.04.27 Fri 16:40:50 | 畑仕事| 3 comments
コメント
この記事へのコメント
どうなる?
野良通信さん こんにちは。

 我が集落27戸のうち農業後継者のいる家は
数えるほどしかありません。
80歳を過ぎて畑に出ている人もいますが
それがいつまでも続かないことは
草に覆われた耕作断念地の
多さを見ても明らかです。
先々のことを考えると、暗澹たる気持ちになります。
2012.04.28 Sat 16:56:59 | URL | 沢太郎 #fZUo1r6Y[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012.04.28 Sat 11:49:03 | | #[ 編集]
黙って
「黙っている」良いお考えだと思います。「黙々」と先人たちは耕してきた。その土地を我らが世代が見捨てつつある。高々「損か得か」レベルの判断で。
2012.04.28 Sat 11:47:13 | URL | 野良通信 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。