おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
年をとって気づいたこと
2とんぼ

      谷間の段々畑でトンボを見掛けた。
     数日前の焚き火の跡に2匹並んで羽を休めている。
     2匹は兄弟だろうか、それとも羽化した後に仲良くなった友だち
     だろうか――なんて考えながら眺めて飽きない。
     我ながらヒマだねえ。

      春になれば桜が咲き、季節が来ればトンボが飛び、セミも鳴く。
     何か不思議がありますか?と訊かれたら一言もない。
     しかし、理屈をこねるより、当たり前のことを面白がって暮らした方が
     人生は楽しい。
     
      これは年をとって気がついたことの一つだ。

      ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif     
関連記事
スポンサーサイト
2012.04.25 Wed 16:49:12 | 暮らし| 0 comments
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。