おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
これで十分
山桜㊤

      峠を越えて隣町に入ってすぐの山桜が満開だった。
     どこにでも咲いているような桜だから、花見客で賑わうことはなく、
     第一、近くに宴のためのビニールシートを広げるスペースもない。

      この桜のどこがいいの?と聞かれても困るが、私は気に入っていて
     毎年見に来る。

山桜㊦

      車に注意しながら歩道代わりの白線の内側に立って見上げると、
     この桜なりに精いっぱい枝を広げている。
     見事な花をありがとうと呟かずにはいられない。

      腰の手術後2か月は車の運転を禁じられているため、遠出の花見は出来ない。
     南阿蘇の一心行の大桜は今年もお預けだ。
     でも、近場の桜で今年は十分満足した。

      もし来年、運が良ければ花見の足を伸ばしてみよう。

      ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif    
関連記事
スポンサーサイト
2012.04.05 Thu 15:33:33 | | 2 comments
コメント
この記事へのコメント
ひっそりと
kinnsann さん おはようございます。

 写真の山桜は道路が出来るまで
知る人もなく咲いていただろうと私も思います。
今でも車からちらっと見る人がいるかどうか。
これはこれで、大勢の観光客で賑わう
有名な桜にはない良さがあります。

 来年の話をしたのは早過ぎましたね。
2012.04.06 Fri 09:35:08 | URL | 沢太郎 #fZUo1r6Y[ 編集]
山桜は
 写真の山桜はたまたま道路ができて、人間に見られるようになりましたが、だいたい普通は人知れず、あるいは遠くの方にぼんぼりのようにそっと咲いていて、葉っぱも一緒に出て、お化粧のにおいがしません。でもまた絢爛豪華な桜も春。来年は遠出もどうぞ。
2012.04.05 Thu 18:27:25 | URL | kinnsann #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。