おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
カラスの覚悟
小枝

      カラスが小枝をくわえている。
     巣作り、子育てが始まったようだ。

      去年の今ごろか、もう少し後にこんなことがあった。
     日当たりの良い向かいの山で山菜を採っていたRばあちゃんが急に騒ぎ出した。
     頭近くを飛ぶカラスを手拭いで追い払い追い払いしながら逃げているのだった。
     うっかり巣のある木に近づき過ぎたため、カラスが怒ってRさんを追い回したのだろう。

      子育て中のカラスはとても神経質だ。
     私も山菜を摘んでいるとき、カラスに威嚇されたことがある。
     きしきしという羽音とともに大きな口ばしが迫って来ると、Rさんではないが
     逃げ出さずにはいられない。

      カラスが自分より強い人間にはむかうのは、子を守るためなら死んでもいいという
     覚悟があるからだろう。
     君子危うきに近づかず、だね。

      ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif
関連記事
スポンサーサイト
2012.03.25 Sun 16:14:31 | その他| 2 comments
コメント
この記事へのコメント
驕る者久しからず
健忘庵さん おはようございます。

 支持率はまだ70%もあるようですね。
既成政党があまりにだらしないので、
彼の過激な言動に何かを変えてくれそうだという錯覚や
期待が寄せられているのでしょう。
「スピード感がある改革」と持ち上げる向きもありますが、
矢継ぎ早に目くらましをしなければ
ハシゲがこれまでにしたことによって
何か世の中が良くなったか?と有権者が冷静に考える
間を与えない手段にすぎません。

 労組叩き、公務員の思想調査、教育への政治介入、
国歌の強制などに危険な匂いを感じる人も増えています。
ハシゲはこれからも次期衆院選に候補を大量に擁立するなど、
騒ぎ続けるでしょうが、
次第に正体が露わになり、失速する日は近いと思っています。
2012.03.26 Mon 08:56:00 | URL | 沢太郎 #fZUo1r6Y[ 編集]
カラスの覚悟
に比べると、いま話題の大阪市長、ハシゲは弱者をくじき、強者に阿るお笑い芸人出身なんだが、マスコミは大ぶりな立ち居振る舞いばかり目を奪われて、いかに危険な人物かに触れない。高い人気に擦り寄って、報道機関の見識がない。

公的な立場にある人物の発言は意味があるとして、無判断に発言報道した結果、全米にアカ狩り旋風が吹いたマッカーシズムの教訓が
果たされていない。

ハシゲの命脈は、良識ある報道で断ち切れるのにマスコミに覚悟がない。連日、ハシゲ、ハシゲ、不愉快極まりない。危険なマッチ遊びをする”大人コドモ”と見る声が活かされていない。いまにマスコミ自体を敵視する煽動を向けてくるというのに、、。
2012.03.25 Sun 17:44:56 | URL | 健忘庵 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。