おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
老いの数式
こめ

      米びつが空になった。
     玄米30キロ入りの袋を積んで無人精米所まで行かなくてはならない。
     ところが一人では米袋が持てない。
     こんなはずではなかったと再度挑んだがダメだ。
     腰の疾患が悪化してから、重たいものが、どんどん持てなくなっている。

      腰がしっかりしてないと、腕の力だけでは持ちあがらないと腰を痛めて
     初めて分かった。
     このままだと、18リットル入り灯油缶も持てなくなるかも知れない。
     やがては箸より重いものも……。
     老いの数式は引き算が多いな。

      秋の収穫期、60歳ぐらいの近所のおばちゃんは、痩せて小さいのに
     30キロの米袋を抱えて軽トラに積み下ろししていた。
     腰の手術をしたら自分もおばちゃんのようになりたいけれど、どんなもんだろう。

      ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif   
関連記事
スポンサーサイト
2012.02.17 Fri 20:08:49 | 暮らし| 0 track backs, 2 comments
コメント
この記事へのコメント
見栄っ張り
かごめかごめの里さん こんにちは。

 男は幾つになっても見栄を張りますから
目の前でおばちゃんが米袋を持ちあげるの見たら
焦るんですね。
そろそろ身のほどをわきまえましょうか。
2012.02.18 Sat 15:18:46 | URL | 沢太郎 #fZUo1r6Y[ 編集]
力持ちでなくていい…
30キロを持ち上げる、私の歳に近いご近所のおばさんは凄い。

つい先頃も重い荷物で手首を捻って、しばらく不自由でした。
昔のつもりで頑張りすぎると、大抵、有難くないおつりが来ます。

どうぞ、無理をしないで下さい。重い荷を持てることが男の値打ちではないのですから。
(他の荷を分ってくれればOK…)
ご面倒でしょうが、2回3回に分けて腰の負担になりませんようにどうぞ。

2012.02.17 Fri 19:34:28 | URL | かごめかごめの里 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。