おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
梅の季節が待ち遠しい
湯あ

      今日は寒気がゆるむということなので、大分県日田市まで遠出した。
     高速道路を利用すれば100キロ、山越えの道を走れば50キロ。
     所要時間がほぼ同じ2時間少々なら山道を行こうと判断したのが間違いだった。
     ヘアピンカーブの山道が何カ所も凍結していて、危ない思いをしたのだ。
     急がば回れ、という教えをバカにしてはいけない。

      目指したのは豊後・大山ひびきの郷の「梅の香温泉なごりの湯」(写真)。
     温泉や施設が清潔で、女性の従業員も明るく親切。
     気持ちの良い時間を過ごすことが出来た。

湯い

      露天風呂からは、こんな風景が見える。
     響(ひびき)渓谷の断崖絶壁だ。
     ここを登るのは猿でも苦労するぞ。

      気分転換は、日常から遠く離れたところで放心するに限る。
     断崖に面した露天風呂は、その絶好の場所と言ってもいい。

湯う

      「梅の香温泉」の名前の通り周辺には手入れの行き届いた梅林が
     何カ所もあった。
     梅は寒暖に敏感なので、開花の予想は難しいそうだが、2月の末には咲くだろうか。
     満開の梅を想像しただけで夢心地になる。

湯え

     梅の古木も沢山あって、それぞれツボミをびっしりつけていた。
    ツボミはまだ固いが、いずれ花が咲き、実を結ぶだろう。
    老木は、まだまだ現役なのだ。
    あやかりたいね。

      ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif
関連記事
スポンサーサイト
2012.02.06 Mon 18:00:51 | 遊び| 0 track backs, 2 comments
コメント
この記事へのコメント
“遊蕩生”
健忘庵さん こんにちは。

 一寸先は闇か光か分かりませんが
行けるうちに行きたい所へ行こう
やりたいことがあったら出来るうちにやろう
――という気持ちが強まっています。
でも、もうささやかなことしか出来ないんですよねえ。
もう少し早く“遊蕩生”になればよかった。

 沖縄は若いころに一度行ったきり。
もう一度行けるかなあ。
2012.02.07 Tue 17:20:26 | URL | 沢太郎 #fZUo1r6Y[ 編集]
いいね
梅の香温泉。いいですね。
私も温泉に行くか、タイガースおっかけでキャンプの沖縄へ行くか。避寒を思案しています。
2012.02.07 Tue 14:53:57 | URL | 健忘庵 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。