おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
老化は止められない
病院

      朝7時過ぎに家を出て、熊本市内の整形外科へ。
     9時40分の予約だけれど、9時前に来て欲しいとのことだった。
     距離にして約40キロ、少し渋滞した道を走って1時間20分ほどで到着した。
     高速道路も利用して片道約2時間かかった八代市の医院よりよほど近い。

      そうそう、八代の医院は昨年末の診療で「しびれや痛みがひどくなっているなら
     MRIのある病院で手術した方がいいかどうか診て貰った方がいい」と言われた。
     2年以上通ったのに匙を投げられてしまったようですね。

      今回、自分なりに調べて選んだのは大病院ではないが、他県からも大勢の患者が
     詰めかけている人気の病院だ。
     レントゲン、MRI、足の機能検査をした結果の診立ては「典型的な脊柱管狭窄症。
     手術しかないですね」だった。

      脊柱管狭窄症は、簡単に言えば背骨が歪んで神経を圧迫しているため、
     足や腰に痛みやしびれが出る状態。
     私の場合、2カ所で神経を圧迫しているので骨を2カ所削らなくてはならない。
     手術は3月後半の予定だ。

      実は勤め人だった50代後半にも同じ手術をしている。
     この症状は手術をしても再発することが多い。
     「老化は誰にも止められませんから」とお医者さん。
     ごもっとも。

      例え再発しても、何年か痛みやしびれから解放されたら、それで良しとするか、
     と思い、手術台に乗ることにした。
     それにしても、評判の整形外科はどこも大変な混みようだ。
     腰に負担をかける二足歩行は人間に向いていないのだろうか?

      ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif   
関連記事
スポンサーサイト
2012.01.17 Tue 16:04:02 | 暮らし| 0 track backs, 6 comments
コメント
この記事へのコメント
ありがとう
知恵さん はじめまして。

 運動や食べ物、気持ちの持ちようで
老化を遅らせることは出来ても、
防ぐことは出来ないと思いますが、どうでしょう?

 手術、頑張ります。
ありがとう。
2012.01.18 Wed 16:42:01 | URL | 沢太郎 #fZUo1r6Y[ 編集]
医学の進歩
らぼっちさん こんにちは。

 今さら昔のことを言っても仕方がないけれど、
これでも50代半ば過ぎまで健脚だったんですよ。
らぼっちさんも、たまに腰痛のことを書いておられますが、
どうぞご自愛ください。

 もっとも、らぼっちさんが脊柱管狭窄症という
忌々しい病気を身近に感じるころは
医学が目覚ましく進歩して薬で簡単に直るように
なっているかも知れませんね。
2012.01.18 Wed 16:36:14 | URL | 沢太郎 #fZUo1r6Y[ 編集]
難儀なことです
健忘庵さん こんにちは。

 手術なんかしたくないけれど、
痛みを抱えて余生を送るのもイヤということで……。
術後半年の経過はイマイチですか?
知る限り集落の3人が同じ手術を受けて
元気に草を刈ったり、山登りを楽しんだりしてますが、
いずれも足にしびれが残っていると言っていました。
拭ったように症状が消えることは少ないようですね。
どうぞ、お大事に。
2012.01.18 Wed 16:25:28 | URL | 沢太郎 #fZUo1r6Y[ 編集]
こんにちは!
老化はしょうがないんですかねぇ~(;・∀・)
手術頑張ってください!
2012.01.18 Wed 11:31:37 | URL | 知恵 #-[ 編集]
そうですか、手術になっちゃいましたか
なんだか難しい病名ですね
でも典型的なという言葉に少し安心した気もしました
原因がはっきりしているということだし
手術も慣れているということでしょう
術後は若返ってバリバリですね^^v
2012.01.17 Tue 23:27:13 | URL | らぼっち #-[ 編集]
うーん、またも
まったくお気の毒ですね。二度目の手術を迎えるとは!!

私は昨年、これに泣きました。激痛との戦いでしたから。術後半年の今も経過がいまいちで困っています。あの苦痛を思い出すと、まったくイヤになりますね。それを大兄がまた罹患するとはね。

こんごの成り行きがうまく運ぶことを祈ってますよ。

2012.01.17 Tue 18:55:46 | URL | 健忘庵 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。