おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
贅沢な時間
旅館

      車で20分少々の所に人気の平山温泉がある。
     これまで、ここのほとんどの立ち寄り温泉に足を運んだ。

      泉質はヌルヌル、トロトロしたアルカリ性単純硫黄泉だが、宿によって
     肌触りが微妙に違う。
     今日お邪魔した「旅館上田屋」の湯はピカ一ではないだろうか。
     掛かり湯をしただけで、誰しもお湯の感触の柔らかさに驚くだろう。

      透明な湯に体を沈め、目を閉じると、かすかに硫黄のにおいがし、
     浴槽からもったいないほどの湯が惜しげもなく溢れ出る。
     ああ、温泉に入っているなと思う。
          
      浴室は団体さんが入れるほど広くはないし、豪華な施設があるわけでもない。
     窓からの眺めも普通の田舎だ。

      だが、ここには贅沢な時間がゆったりと流れていることだけは間違いない。

      ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif     
関連記事
スポンサーサイト
2011.12.26 Mon 17:35:32 | 遊び| 0 track backs, 0 comments
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。