おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
露人叫びて
ざくろ

      ご近所さんからザクロ(柘榴)をいただいた。
     手に持ってマジマジと見るのは初めて。
     恥ずかしながら食べたこともない。

      手で割ると中に赤い実がびっしり詰まっていた。
     一粒食べてみた。
     甘酸っぱい。
     その上、一粒一粒に種があるので食べにくい。

      ザクロの食べ方は後で調べることにして、歳時記を開いたら
     こんな句が載っていた。

            露人ワシコフ叫びて柘榴打ち落す(西東三鬼)

      ワシコフさんが何を思ったのか棒でザクロを叩き落とした。
     地面に叩きつけられたザクロが割れて、赤い実が流れ出た。
     ロシア語の叫び声、ザクロを打つ音、割れた実の鮮やかな赤……。
     これからザクロを見るたびにこの奇妙な味の俳句を思い出すだろう。

      ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif
関連記事
スポンサーサイト
2011.12.04 Sun 15:21:26 | 食べる| 0 track backs, 0 comments
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。