おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
青葉茂れる紅葉狩り
秋月あ

      勤労感謝の日のきのう、日ごろから一生懸命働く(ウソです)自分を
     慰労するため、福岡の秋月城址を訪ねた。
     
      秋月城という美しい名前に以前から惹かれていた。
     所在地の朝倉市秋月野鳥も小説に出て来る山里の架空の地名のようだ。
     そして、名前の通り秋月城跡は都会の喧騒に疲れた人にはお薦めのスポットだった。

      ↑秋月城の登城道だった杉の馬場は、雨が降ったりやんだりのあいにくの
     天気だったが、人の流れが途切れない。
     大勢の人がいても静かなのは、周囲の山や木がざわめきを吸収してしまうのか。

秋月い

      黒門(大手門)の下に立つ。
     門にかかるモミジの先端がかすかに赤い。

秋月え

      城内には苔むしたモミジの古木や巨木が沢山生えているが、ほとんど
     紅葉していない。

秋月う

      この大木が真っ赤に紅葉したら、どんなに綺麗だろう。
     紅葉前線の情報では「色づき始め」だった。
     怠け者の勤労感謝の日は神様も、そうそういい顔をしてくれないようだ。

秋月お

     城内に秋月中学校の校舎があった。
    自分も小学校、中学校、高校を木造校舎で過ごしたから、秋月中は初めて見たのに
    とても懐かしい。
  
     お尻を立てて廊下をぞうきん掛けしたとき、指にトゲが刺さったこと、黒板拭きを
    校舎の板壁で叩いて叱られたことなど、忘れていたことが次々よみがえった。
    今でも子どもたちは、給食を大急ぎで食べ、遊び場所を確保するため、校庭に
    走り出たりしているのだろうか。

     紅葉狩りには早過ぎたが、秋月城址と周辺の古い街並みには大満足。
    来年は杉の馬場の桜並木が咲き競う春爛漫の季節にやってこよう。

      ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif   
関連記事
スポンサーサイト
2011.11.24 Thu 16:35:25 | 遊び| 0 track backs, 4 comments
コメント
この記事へのコメント
よかとこ
いんちき百姓46さん はじめまして。

 猪が人の髪の毛や石鹸の匂いを嫌うという話は
聞いたことがあります。
こちらでは一晩中携帯ラジオを鳴らしたり、
赤いライトを点滅させる人もいますが、
結局は電気柵に落ち着くようです。

 朝倉はよかとこですね。
好きになりました。
これからもよろしくおつきあい下さい。
2011.11.25 Fri 16:59:05 | URL | 沢太郎 #fZUo1r6Y[ 編集]
どんなガイド本より優れたブログ
らぼっちさん こんにちは。

 秋月城跡のことを初めて知ったのは
らぼっちさんのブログでした。
今回もブログ内検索で
過去の記事を読んでから出掛けました。
秋月城を教えていただいて感謝!!

 今度は長島に行ってみたいと思っています。

2011.11.25 Fri 16:50:36 | URL | 沢太郎 #fZUo1r6Y[ 編集]
はじめまして、いつ頃からかこそっと読ませていただいてます。我 朝倉市まで来られたんですね!ところで先日何かのテレビで見たのですが、畑の猪寄けに人の髪の毛をネットか何かに入れてつるしてました。猪の天敵は人間とのことで人の臭いがする髪の毛を床屋さんからもらってきて時々交換するとのことでした。効果は有るみたいな話しでしたが番組やその地域はよくおぼえてません、が ご参考までに!
2011.11.24 Thu 21:26:51 | URL | いんちき百姓46 #-[ 編集]
あれーっ、これは残念でした
我々が昨年行ったのも同じ11月23日でしたが
今年の遅れが良く分かります
紅葉予報は結構当たっているんですね♪

やっぱ木造校舎、撮影しますよね^^
2011.11.24 Thu 21:03:32 | URL | らぼっち #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。