おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
どっこいしょ!
農大あ

      今にも雨が降りそうな天気を気にしながら↑熊本県立農業大学校の
     学園祭を見に行った。
     ポスターの中央に「土恋SHOW☆」とある。

      「どっこいしょ」の掛け声に「土に恋する」の文字を配したのはいかにも農大らしい。

農大い

      青空市場には荷台に農作物を並べた軽トラがずらり。
     これも農大でしか見られない光景だろう。

農大う

      人気のテントには行列が出来、シクラメンの鉢などは文字通り瞬時に
     完売だ。
     学園祭が始まって30分しか経っていないのに、野菜や米を抱えて帰る
     大勢の人たちとすれ違う。

      ここで妙なことに気づいた。
     農産物を販売する人も、会場を訪れた人も若い人が少ないのだ。
     昔々の学園祭は若い人が7、年配の訪問者が3ぐらいの割合ではなかったか。
     ここでは、その比率が逆になっている印象だ。

農大え

      テントにこんな張り紙があった。
     そうか、息子思いの父ちゃんが力を貸していたのか。
     別のテントには母ちゃんらしい女性やOBとおぼしきおっちゃんもいた。

      売り場に若い人が少ない謎は、これで解けた。

農大お

      イベント広場で農大性が腕相撲(アームレスリングというらしい)をしていた。
     若い人たちの、この元気がまぶしい。

      ベンチに座って夢想した。
     いつか農大祭が高校生や他大学の学生、若い家族連れで
     賑わう日が来るだろうか、と。

     ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif
関連記事
スポンサーサイト
2011.10.22 Sat 17:02:17 | 遊び| 0 track backs, 0 comments
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。