おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
場所は秘密
マロン1

      青い空、ひんやりした風。
     ようやく秋らしい天気になった。

      ヘチマを洗ったり、カボチャを収穫するのも遊びのようなものだが、
     今日は野良着を脱いで遊びに出掛けた。
     行先は山鹿市菊鹿町のあんずの丘で開かれている第3回マロンフェスタ。

      芝生広場に特産品を売る屋台村が出来ていて、たいそうな賑わい。
     中には写真のように「こっちへ行こか」「いや、あっちがよか」と揉める人もいて
     ……これは私の勝手な想像です。

マロン2

      ネットで囲われた2畳ほどのスペースに10羽ほどの鴨がいた。
     多くの人に見詰められて不安なのだろう、顔を寄せ合って固まっている。
     人間も同じ目にあったら鴨のように固まるのではないか。
     鴨が気の毒だ。

マロン3

      あんずの丘へ行った目的は屋台村の見物ではない。
     彼岸花で有名な番所の棚田(菊鹿町)と、あんずの丘を往復する
     シャトルバスに乗るためだ。

      乗客のほとんどが爺ちゃん、婆ちゃん。
     腰痛の私を除く皆さんが、しっかりした足取りで40分ほど歩く。
     盛りを過ぎて白っぽくなった花もあるが、これから咲くつぼみも沢山あった。
     見ごろは、もうしばらく続くように思う。

マロン4

      集落内の幹線道路は県外ナンバーを含む車がぎっしり駐車していて
     1車線しか車が通れない箇所も。
     棚田の中の農道にも大勢の姿が見える。
     さすがに人気スポット、抜群の集客力だ。

      番所の棚田の彼岸花が“線”なら、我が集落には“面”で群生する
     彼岸花がある。
     番所にも引けを取らないと思うが、こちらは集落の住民でも知る人ぞ知る程度。
     駐車スペースもない所だから、場所は秘密にしておいた方がいいだろう。     

     ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif     
関連記事
スポンサーサイト
2011.09.23 Fri 17:59:02 | 遊び| 0 track backs, 2 comments
コメント
この記事へのコメント
しばしお待ちを
リイママさん 今晩は。

 埼玉県日高市の巾着田の画像を検索しました。
素晴らしい!!
集落の内緒の場所は林の中ではなく、
山の急斜面です。
深紅の絨毯というより、くれないの滝ですね。
ただし、開花が早い分、衰えが著しく、
いま見比べるのは気の毒です。

 鬼が笑うかも知れませんが、来年は
必ずアップしますから、それまでお待ちください。
2011.09.24 Sat 18:08:22 | URL | 沢太郎 #fZUo1r6Y[ 編集]
線も綺麗
沢太郎さんこんばんは。
棚田の彼岸花とっても綺麗ですね!
そして秘密の場所は、きっと埼玉県日高市の巾着田に負けないくらい、真紅の絨毯になっていることでしょう。
場所は秘密でいいので、写真を見てみたいです。
2011.09.24 Sat 00:36:39 | URL | リィママ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。