おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
猫の根気が羨ましい
せせり?

      山里でセセリと言ったら、たいていの人が極小吸血昆虫のセセリ(ブヨ?)を
     思い浮かべるだろう。
     人や動物に群がり、目のふちをせせるから、目セセリともいう厄介な昆虫だ。

      アザミに止まっているのは、そのセセリではなく、セセリ蝶だ(と思う)。
     よく知られたイチモンジセセリより体の色が明るく見える。
     昆虫図鑑で、体の色の明るい○○セセリの名を探してみた。
     すると、どうだ、似たような蝶が山ほど載っているのではないか。

      若いころだったら、丹念に一つずつ見比べ、アザミにとまっている蝶の名を
     割り出したかもしれないが、いまはその根気がない。
     すぐに「セセリ蝶の仲間」でいいやと思ってしまうのだ。

      同じことをスミレでも経験した。
     路傍に咲いている可憐なスミレの名前が知りたくて調べたが、
     種類の多さにあきれて放り出した。
     それ以来、花の色や大小に関係なく、ああこれはスミレだね、で済ませている。

      年を取るごとに根気が続かなくなっている。
     明らかに老化現象だ。
     獲物を狙って長時間身じろぎもしない猫の根気が羨ましい。

     ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif      
関連記事
スポンサーサイト
2011.09.06 Tue 16:08:22 | 暮らし| 0 track backs, 1 comments
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.09.06 Tue 17:24:54 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。