おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
こんな顔に誰がした?
カボ

      我が菜園でとれたこのカボチャは重さ2・8キロの堂々たる押し出しだ。
     問題は傷だらけの顔。こんな顔に誰がした?

      私の憶測では、芋虫か毛虫が“犯人”で、時間をかけてかじったのだと思う。
     隣りのおっちゃんは「それは違う」ときっぱり。
     「イノシシが牙を立てた傷をカボチャが修復しようとしているところ」だそうな。

      カボチャの皮は固い。
     いくら噛んでもカボチャが割れず、途方に暮れているイノシシの顔を想像すると、
     少し可笑しい。

      イノ公よ、歯を鍛えて出直すんだな。

     ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif     
関連記事
スポンサーサイト
2011.09.02 Fri 15:49:05 | 畑仕事| 0 track backs, 4 comments
コメント
この記事へのコメント
不思議
野良通信さん こんにちは。

 本当にイノシシはイモ類が好きですね。
何年も作っては食べられ、作っては食べられで
今年からイモ作りを一切あきらめました。

 そろそろイモの収穫時期かなと思っていると
一足先にイノシシが掘り返します。
地中のイモの食べごろがどうして分かるのか、
今でも不思議です。
2011.09.03 Sat 16:54:14 | URL | 沢太郎 #fZUo1r6Y[ 編集]
男の顔
かごめかごめの里さん こんにちは。

 修羅場をくぐって生きてきた
逞しい男の顔ですね。
のっぺりした瓜実(うりざね)顔とは
迫力が違います。
2011.09.03 Sat 16:39:45 | URL | 沢太郎 #fZUo1r6Y[ 編集]
イノシシ対策
お怒りです。ごもっとも、彼らはいい物喰ってますよ。山芋(自然薯)でしょ、サツマイモでしょ、稲の乳でしょ、カボチャは硬いだけなので牙を研ぐのに使ったのかなー。
いい物喰ったイノシシ美味いはず。
今度はこちらが、包丁を研ぐ番だ。しし鍋を前に焼酎を、考えただけでもワクワクする。
2011.09.02 Fri 19:02:14 | URL | 野良通信 #-[ 編集]
沢太郎さんの最後の一言が、いいです!
私も想像して、はっはっは。
もう、土手カボチャなんて呼べません。
傷だらけの英雄!
2011.09.02 Fri 17:49:23 | URL | かごめかごめの里 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。