おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
セミの鳴かない夏
抜け殻

      朝と夕方、裏山でヒグラシがカナカナと鳴く。
     アブラゼミやクマゼミの鳴き声は聞こえない。
     昼間はチーともシーとも聞こえる音が間断なく鳴っているばかり。
     セミの鳴き声ではなく、耳鳴りだろうか。

      今年はセミが鳴かない、どうしてだろうという投書が新聞に載った。
     セミだけではなくトンボも見ない、とラジオでも話題になった。
     セミやトンボがいない(少ない)地域が少なからずあるようだ。
 
      庭の草にセミの抜け殻があった。
     子どものころ、ろう石や匂いガラス、ベーゴマ、メンコなどと一緒にセミの抜け殻も
     ボール紙の箱に大切にしまっていた。
     今の若い人にはガラクタにしか見えないであろう品々だが、自分には宝物だった。
    
      当時、子どもたちは、セミ捕りに夢中だった。
     ほこりまみれの体に汗の筋を引き、いつも腹をすかせていた子どもたちも今や爺さん。
     セミたちが今よりずっと喧しかったあの夏は、100年も昔のような気がする。

     ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif     
関連記事
スポンサーサイト
2011.07.20 Wed 16:57:53 | 暮らし| 0 track backs, 4 comments
コメント
この記事へのコメント
身辺雑事ばかり
かごめかごめ の里からさん
 こんにちは。

 匂いガラスで柱や机をこすると
いい匂いがしました。
撃墜されたアメリカの飛行機の風防ガラスだと
聞いた記憶があります。
分厚くて、落としても割れず、手を切ることもありませんでした。

 このブログは身辺雑事ばかり。
もっと楽しいことが書けたらいいのですが。

2011.07.22 Fri 16:44:16 | URL | 沢太郎 #fZUo1r6Y[ 編集]
匂いガラス…
知りませんでした、匂いガラス。
少年の日の夏の記憶、なのでしょうか。
沈黙の夏…、何かの予兆でないことを願って。

自然の中に生活があって、羨ましい限りです。
(でも、毎日お忙しい事でしょうね)
小さな野辺の花から昆虫まで
その優しいまなざしに心が和みます。
2011.07.21 Thu 16:49:56 | URL | かごめかごめの里から #-[ 編集]
子どもの遊び
とっちんさん こんにちは。

 NHKラジオの子ども電話相談に子どものふりをして
「なぜセミは鳴かなくなったのですか」と訊いてみましょうか。
「もしもし、あのねえ」と言った途端に年齢がばれるでしょうね。

 子どものころ、とっちんさんはゴム飛びや
あやとり、ままごとをして遊びましたか。
山里では子どもの遊ぶ姿を滅多に見掛けません。
学校から帰っても近所に子どもがいないので、
外に出て遊ばないのだそうです。 
2011.07.21 Thu 15:57:47 | URL | 沢太郎 #fZUo1r6Y[ 編集]
やっぱり!
沢太郎さんのところでもそうですか。
我が家もいつもならお隣の庭でシャワシャワとクマゼミがうるさいのに
今年は遠くでアブラゼミの細々とした鳴き声が聞こえるだけです。
いったいどうしちゃったんでしょうかね。
セミも省エネに徹しているのでしょうか。
ろう石、匂いガラス、メンコ、懐かしいです^^
2011.07.21 Thu 00:25:48 | URL | とっちん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。