おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
イノシシ御用達の大衆浴場
     のた1

      何日かぶりに雨がやんだ。
     雨で畑に行けない間、さぞかしイノシシが悪さをしているだろうと
     思っていたが、案の定だった。

      上の写真は5月25日の日記「穴だらけ」に載せた谷間の段々畑。
     この時はまだイノシシが掘り返した面積は大したことない。

のた2

      それが今日の時点で、こんなになっていた。
     全体は1枚の写真には納まらず、これはその左半分。
     水路の土手も崩され、畑は湧き水と雨で泥沼状態。
     喜んで走り込んだオグリが足を取られて転ぶほどぬかるんでいる。

      これでは野菜も植えられない。

のた3

      こちらは全景の右半分。
     複数のイノシシが、のたうち回ってダニなどの寄生虫を落としたのだろう。
     このまま放置したら、噂を聞きつけたイノシシが続々と集まり、
     我が畑はイノシシ御用達の大衆浴場になってしまう。
     あんまりな仕打ちではないか。

      草を刈り終えたら海苔網で畑を囲い、イノシシの出入りを禁じよう。
     それまで、せいぜい泥遊びを楽しむがいい。

      驕るイノシシ久しからず、だ。

     ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif     
関連記事
スポンサーサイト
2011.05.30 Mon 17:35:03 | 畑仕事| 0 track backs, 0 comments
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。