おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
草葉の陰のネギ坊主
たかな

      谷間の段々畑とは別に畑や栗林を借りている。
     ここの畑も連れ合いの入院騒ぎで1カ月ぐらい覗いていない。
     高菜の収穫は、まだ間に合うだろうか。

      高菜は花こそ咲いていなかったけれど、トウが立っていた。
     葉っぱを葉煙草のように一枚一枚摘んで、庭に干した。
     何とか漬物に出来るかも知れない。

だいこんはな

      ダイコンは白い花が咲き、蝶が舞っていた。
     のどかな風景だな、と感心している場合じゃないよ。
     こうなったら収穫は望めないのだから。

      野菜は丹精込めても常に立派に育つとは限らない。
     しかし、怠けて手を抜けば、たちまち結果に表れること、かくの如し。

ネギ坊主

      草葉の陰から心配そうにこちらを見ているのはネギ坊主だ。
     「畑が荒れていますよ。農作業に飽きたのですか」と言わんばかりに。

      大丈夫。夏ごろにはボチボチ復帰するから、それまで待っておくれ。

     ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif
関連記事
スポンサーサイト
2011.04.29 Fri 16:32:13 | 畑仕事| 0 track backs, 0 comments
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。