おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
見たことのない青い空
青い空

      何気なく空を見上げて息を呑んだ。
     葉を落とした木立ちの間に透けて見える空の何という青さだろう。
     魂が吸い取られるような、こんな青い空を見たことがないと思った。

      パソコンに画像を移して眺めたら、それほど青くない。
     カメラの解像力が弱いのか、それとも私の腕が悪いのか。
     あるいは、その時の私の気持ちが、ことさら青いと感じたのだろうか。

      青い空なんか珍しくない。
     これまでは、ああ青いね、ぐらいの気持ちで眺めていたように思う。
     だが、今日は違った。
     青い空を見上げる元気な自分が、いつまでも続くことが当たり前ではなく、
     やがては終わる“有り難い”ことだと感じたのだった。

      どうして、そんな気持ちになったのか。
     当たり前の日常が今日も続くはずだった大勢の人たちが
     理不尽な死を遂げた大震災のことが頭を去らないせいに違いない。

     ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif     
関連記事
スポンサーサイト
2011.03.18 Fri 17:05:37 | 暮らし| 0 track backs, 2 comments
コメント
この記事へのコメント
複雑な気持ち
kumoki さん 応援のクリックありがとうございます。
ブログへの応援は今回の大震災と何の関係もないので、
自粛してバナーを外そうと思いましたが、
普段と変わりない生活を続けることにも意味があると考え、
そのままにしています。
2011.03.20 Sun 15:53:30 | URL | 沢太郎 #fZUo1r6Y[ 編集]
共感、応援のクリックしました!
2011.03.20 Sun 07:08:08 | URL | kumoki #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。