おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
小さな町の小さな初市
市あ

      昨日の4日は八代市まで片道2時間かけて腰痛の治療に行った。
     1月の末から、ほとんど毎日のように病院に行っている。若いころは滅多に
     風邪もひかなかったのに、いつの間にか頻繁に病院に通うようになった。
     情けないけれど仕方がない。

      帰り道に氷川町商工会が初市をやっていた。
     写真のような古い構えの家が残る住宅街の小道に出店がいくつか並んでいた。

  市い

      店の数は少ないし、客足もまばらだ。
     焼き物を売る店では「有田だよ。300円!」と店の主人が叫んでいたけれど
     飛ぶように売れていたとは、とても言えない。

市う

      花を売る店には、お目当ての日本水仙がなかった。
     2月2日に死んだデンコの墓に沢山植えようと思い、植木市や道の駅で
     探しているが見つからない。野生化した日本水仙が山里では、まるで雑草のように
     生えているから誰も買わない、従って商品価値がないと見なされているのだろうか。

  市え

      道路が狭いので、商品の多くは民家の軒下に並ぶ。
     家の人は出入りに不自由するだろうなと心配になる。お互いに
     うまく折り合っているのだろう。

      かつて訪れた能登の朝市や高知の日曜朝市は出店の数が多く、
     大勢の観光客でにぎわっていた。

      しかし、能登も高知も元々は氷川町の初市のように近隣の人たちだけが集う
     規模の小さな市ではなかったろうか。
     氷川町の朝市には市の原点がある――と胸を張ってもいい。

     ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif
関連記事
スポンサーサイト
2011.03.05 Sat 16:21:52 | 暮らし| 0 track backs, 2 comments
コメント
この記事へのコメント
今年は3月3日と4日の開催でした
らぼっちさん こんにちは。

 国道3号を八代方向へ南下し、
宮原?あたりで東陽町に向かって左折すると
すぐ郵便局があります。
その郵便局と民家の間を通る路地で
初市は開かれていました。

 古い建物は私の見る限り、ブログに載せた1軒だけで、
それほど古い街並みには見えませんでした。
2011.03.06 Sun 15:26:04 | URL | 沢太郎 #fZUo1r6Y[ 編集]
こんばんは^^
氷川町にこんな風情のある通りがありましたか
どこだろう、車で走りすぎるだけではわかりませんね^^;

初市、まだあまり知られていないのでしょうね
現在八代郡は氷川町ひとつですから
がんばって盛り上げてぼしいものですね♪
2011.03.06 Sun 00:24:02 | URL | らぼっち #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。