おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
私流の御弔い
倒あ

倒い 自由に出入りさせて貰っている山の杉が1本倒れていた。まだ若い杉だ。根が浮いているところを見ると強い圧力が木にかかったに違いない。

 台風が来れば、もっと太く逞しい木が何本も倒れる。若い杉はなぜ今倒れたのだろう。年末年始に降った雪の重みに耐えられなかったのか。16日の強風がこたえたのか。

 倒れた杉は軽トラに乗る大きさに切って家に持ち帰り、風呂の薪にする。出来た灰は畑に撒く――これが杉に対する私流の御弔いだ。

     ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif
関連記事
スポンサーサイト
2011.01.19 Wed 16:45:25 | 暮らし| 0 track backs, 2 comments
コメント
この記事へのコメント
土の中の清掃工場
ティーカッププードルさん 今晩は。

 返信が遅れて失礼しました。
野菜くず、魚の骨、果物の皮など、
畑にすき込むと、いつの間にか消えてしまいます。
地中のバクテリアが分解してしまうのでしょうね。
2011.01.20 Thu 19:32:01 | URL | 沢太郎 #fZUo1r6Y[ 編集]
こんにちわ^^
倒れた杉を薪に使い、その灰を畑にまく
本当のエコですね。杉も喜んでいるとおもいますよ。
2011.01.19 Wed 18:07:24 | URL | ティーカッププードル #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。