おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
明治を訪ねて
駅あ

      毎年行っている地元の祭りを今年はパスして、日本最古級の駅舎を見に行った。
     福岡県赤村にある平成筑豊鉄道の油須原(ゆすばる)駅。
     1895年(明治28年)の開業だという。今から115年前、伊藤博文が総理大臣を
     務めていたころだから、なるほど古い。

      明治の香りを期待して駅舎を眺めたが、そんなに古いという印象はない。
     駅舎は開業以来、何回も改修されたのではないだろうか。

   駅い

      これは横から見た駅舎。周囲は閑散としている。
     駅員が20人もいた最盛期の賑わいを想像するのは難しい。

駅う

      中に入ってみた。誰もいない。

     駅え

      待合室を通り抜けてホーム側に出た。年配の男性が一人いて、「どこから来たのか、
     どこへ行くのか」と私に哲学者のような質問をした。
     「駅舎を見に来た」と答えると、「電車に乗るもんがおらんようになったから、こんなに
     寂れて……」と言った。

     駅お

      駅舎の中に喫茶コーナーが出来たと何かで読んだので、ここで
     コーヒーを飲むのを楽しみにしていたが、廃業していた。
     手書きのメニューが悲しい。

駅か

駅き

      ホームに立ってぼんやりしていたら電車が近づく気配がした。
     「赤駅」の方向から赤い電車、「源じいの森駅」から黄色い電車。
     先ほどの年配の男性1人が乗り、どちらの電車からも降りる人はいなかった。

     駅く

      駅舎を出ると、白い猫が何ごとか、しきりに話しながら寄って来た。
     軒下に毛布の入った箱とエサの容器があった。
     近所の人が可愛がっている猫だろう。

      猫語は分からないが、「どこから来てどこへ行くのか」と尋ねているものと
     勝手に解釈して「家に帰るのだよ」と答えておいた。

      分かってくれたかな。

     ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif
関連記事
スポンサーサイト
2010.11.21 Sun 17:57:36 | 遊び| 0 track backs, 8 comments
コメント
この記事へのコメント
すれ違い
箱庭さん お久しぶり!

 そうでした。
英彦山と平尾台は箱庭さんのホームグラウンドでした。
21日はどこかですれ違ったかも知れませんね。
いつも、あんなに交通量が多いと思えないのですが。
2010.11.23 Tue 15:59:09 | URL | 沢太郎 #fZUo1r6Y[ 編集]
野良通信さん こんにちは。

 明治の駅舎や、年配の男性、白い猫に
本当に出会ったのか、夢でも見たのではないかと
家に帰ってから不思議な気分になっています。
黒澤明監督が、この駅を知っていたら
映画「夢」の挿話に加えたのではないでしょうか。
2010.11.23 Tue 15:43:06 | URL | 沢太郎 #fZUo1r6Y[ 編集]
お邪魔しました
らぼっちさん こんにちは。

 田川という地名から、ああここは
らぼっちさんの故郷なんだなぁと何回も思いました。
見かける車は、ほとんど筑豊か北九州ナンバー。
距離的にはさほど遠くないのに、
遠くに来たような不思議な印象でした。
2010.11.23 Tue 15:31:01 | URL | 沢太郎 #fZUo1r6Y[ 編集]
赤いポスト
健忘庵さん こんにちは。

 古い町並みを保存している地区以外では
滅多に見掛けませんね。
なぜ、金属製の四角い箱に替えてしまったのか
理解に苦しみます。
2010.11.23 Tue 15:22:00 | URL | 沢太郎 #fZUo1r6Y[ 編集]
お近くまでお越しで
我が家から英彦山方面に向かう時にはこの道を通ります。昨日も通りました。家から20分ばかりでしょうか。。
私も何時だったかこの駅が気になって写真を写した事があります。
そうなんだ・・そんなに歴史のある古い駅舎だったんですね。

『何処から来て何処へ行くのか』
猫ちゃんにも聞かれましたか。

石炭産業華やかなりし頃の、名残り駅なのでしょうか。
2010.11.22 Mon 18:26:54 | URL | 箱庭 #-[ 編集]
この記事、たまらなくおもしろい。
封建制のなごりも、資本制度のなごりも、すべては、土に還ってゆくのでしょうけれども、還るプロセスが違うみたいだと思いました。
「我々はどこにゆくのか」我々はどこからきたのか、我々は何者か。
2010.11.22 Mon 12:30:24 | URL | 野良通信 #-[ 編集]
こんばんは^^
パソコンは回復したようですね^^
なんとまあ、遠出されましたね
しかも、うちの実家に近いところまで
油須原駅がそのような歴史ある場所とは知りませんでした
なんともゆったりした時間の流れですね
喫茶も残念ですね・・・

考えたら筑豊の何も知らない!
18で故郷離れ、60で故郷に回帰する予定のらぼっちです^^
2010.11.21 Sun 23:44:26 | URL | らぼっち #-[ 編集]
郵便ポスト
駅舎をでたところにある郵便ポストが懐かしいヤツですね。ハンチングをかぶったような赤いポスト。

今春、土佐のはずれの駅を降りたときにも遭遇しました。うらびれた過疎の駅舎にしか残されていないのかな 昔の赤いポストは。

2010.11.21 Sun 18:14:32 | URL | 健忘庵 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。