おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
32回噛む
間引き菜 ダイコンとカブの葉を間引いたついでに、その辺に生えているノビルを摘んだ。さて、どうやって食べようか。

 料理研究家の程一彦さんが先日、ラジオで話していたことを思い出した。私が大阪で仕事をしていたころ、程さんが梅田で経営していた台湾料理の店で何回か食事をしたことがあるが、面識はない。程さんは、こんなことを言っていた。旬の青い野菜を加熱して食べなさい。人間の歯は32本あるから、しっかり32回噛むこと……。

 新聞を読みながら上の空で聞いていたから内容は正確ではない。人間の歯の数と食べ物を噛む回数にどんな関係があるかも聞き漏らした。加熱して食べるなら間引き菜は、お浸しか味噌汁の具。ノビルは卵と一緒に炒めてみるか。

 食べるときは訳も分からず32回噛む。程さん、これでいいのですよね。

     ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif
関連記事
スポンサーサイト
2010.11.15 Mon 16:15:14 | 食べる| 0 track backs, 0 comments
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。