おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
草に埋もれて咲いた花
よこ

      夏ほどの勢いはないけれど、野の草は秋でも冬でも生えて来る。
     神経質になって畑の草を抜いていたら、それだけで1日が終わってしまう。
     たいてい大目に見ているのだが、あまりにも見苦しい畑の草を見かねてむしった。

      すると、草の下からラッキョウの花が現れた。薄紫色の小さな花だ。
     地味な花だから見落としてしまう人もいるだろう。

うえ

      2枚目の写真は上から見下ろして撮った。
     小さな花が放射状に広がっている形が面白い。

      ラッキョウは8月に種球を植えて、翌年の6月に収穫する。
     他の野菜に比べて畑で過ごす時間が長い分、草に囲まれることも多い。
     こんな可愛い花を草に埋もれさせたのは気の毒だった。
     これからは、もう少しこまめに草を取ろう。
  
   ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif     
関連記事
スポンサーサイト
2010.11.03 Wed 15:51:10 | | 0 track backs, 2 comments
コメント
この記事へのコメント
姫ラッキョウ
城下町の奴さん こんにちは。

 我が家も収穫の何割かを種に回して6~7年になります。
愛情が足りないせいか粒が小さいので、勝手に姫ラッキョウと呼んでいます。
粒は小さい方がいいと言ってくれる人もいますから、世の中広いですね。
2010.11.04 Thu 16:18:16 | URL | 沢太郎 #fZUo1r6Y[ 編集]
来年が楽しみですね。
おはようございます。
本当に感心しますね。
わがやのは5年もの。てぬきだからおこっておおきくならよって言ってます。
野菜は愛情のふかさかな。
2010.11.04 Thu 07:31:34 | URL | 城下町の奴 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。