おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
キャベツを育てるための殺生
     穴

虫 今朝の気温は8℃。風がやや強く、空はどんより曇っていて、まるで冬景色。ジャンパーを着て畑に行った。

 畑には、数は少ないけれどモンシロチョウが飛んでいた。キャベツに卵を産みつけているのだ。思った通り、モンシロチョウの子どもたち(青虫)が葉っぱを穴だらけにしていた。

 農薬を全く使わないから、我が家のキャベツは青虫にとっても旨いのだろう。休むことなく食べ続け、丸々と太っている。これを放置すれば、キャベツは筋だけになってしまう。気の毒だが、毎日のように補殺しなければならない。

 キャベツを育てるために別の命を絶つ。そして、最後に人間はキャベツの命をいただく。食べ物を粗末にしたら罰が当たるな。

     ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif
関連記事
スポンサーサイト
2010.11.02 Tue 15:21:14 | 畑仕事| 0 track backs, 0 comments
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。