おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
森の巨人
杉あ

      小石原焼と高取焼の陶器市「民陶むら祭」を楽しんだ後、行者杉の生えている
     国有地(福岡県東峰村小石原)に行った。

      行者杉の中で最も大きな大王杉の前に立つ。
     この大きさをどう表現したらいいのだろう。
     たまたま通り掛かったお2人を入れてパチリ。
     幹の太さが感じられても、これでは高さが分からない。

      杉の大きさに圧倒されて、行者杉や大王杉を説明抜きで書いてしまった。
     詳しいことは、下の写真を見ていただいた方が早い。

    杉い

    杉う

杉え 実は行者杉を杉の巨樹1本の名称だと思っていた。数百本もの行者杉があって、中でも一番大きな杉が「行者杉の父 大王杉」。森の巨人たち百選に選ばれていることも、ここに来て初めて知った。

 なるほどでかい。かつて比叡山延暦寺で見た杉の巨木に勝るとも劣らない。少し離れた場所で撮ったり、地面にしゃがんで狙ってみる。どうやっても大王はレンズからはみ出てしまう。巨樹ウォッチャーのらぼっちさん、とっちさんご夫妻のブログは、つなぎ写真で高さを見事に表現していた(勝手にリンクして御免なさい)。

 自然災害や人災がなければ、森の巨人たちは100年、200年と生き続けるだろう。これは凄いことではないかな。 

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif 
関連記事
スポンサーサイト
2010.10.10 Sun 16:09:53 | 遊び| 0 track backs, 2 comments
コメント
この記事へのコメント
天狗
らぼっちさん こんにちは。

 お言葉に甘えてこれからも、らぼっちさんのブログを
参考に、あちこち出掛けたいと思います。

 大王杉の梢に赤い顔をした鼻の高い老人が座っていましたが、
あれが天狗かな?
2010.10.11 Mon 15:29:55 | URL | 沢太郎 #fZUo1r6Y[ 編集]
こんばんは^^
いえいえ、リンクありがとうございました
今後もリンクフリーですから、いつでもどうぞです

小石原焼と聞いて実はここを思い出していました^^
これだけの立派な巨樹なのに真っ直ぐ伸びているのがすごいですよね
林野庁がしっかり管理していたのでしょう
天狗が出てきそうな雰囲気を感じませんでしたか^^
2010.10.10 Sun 23:22:09 | URL | らぼっち #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。