おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
猫が俳句を詠む
2匹 猫は雨が好きだ。
正確に言えば濡れるのは嫌いだが、雨の降る風景を見るのが好きだ。

 昼寝中に雨の音を聞きつけたミーコとデンコが目を覚まして廊下に座り、私の顔とガラス戸を交互に見る。
早く廊下をあけて欲しいと催促しているのだ。
その通りにしてやると、1時間でも2時間でも飽きずに外を眺めている。
「一体、何を見ているのだ」と訊いたら、「俳句を作っている」と言って、ヘタな猫文字で木の葉に書いた句を見せてくれた。
それを人間語に訳すとこうなる。

     青蛙雨の涙を流しけり(ミーコ)
     雨の打つ羽の震えや赤とんぼ(デンコ)

 「へえ、これが俳句かい?」と笑ったところで目が覚めた。
猫につき合っているうち、いつの間にか居眠りしたらしい。

 ミーコとデンコは相変わらず雨を見ている。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif
関連記事
スポンサーサイト
2010.08.14 Sat 13:13:24 | 暮らし| 0 track backs, 2 comments
コメント
この記事へのコメント
猫に訊きました
らぼっちさん こんにちは。

 猫たちは、なぜ雨が好きなのか自分でも分からないそうです。
らぼっちさんが石橋や巨木が好きなわけも
理解出来ないと言っていました。
猫が好奇心を持つ範囲はとても狭いです。

 ちなみにオグリは雨に関心がなく、
コンクリートブロックを枕に寝ています。
私も雨の日は寝ますから犬型人間ですね。
2010.08.15 Sun 14:48:41 | URL | 沢太郎 #fZUo1r6Y[ 編集]
こんばんは^^
ミーコとデンコの外を眺める姿がいいなぁ!
猫も句を読むんですね^^
猫語がわかる沢太郎さんも、また素敵だ

今度、どうしてそんなに雨を眺めるのが好きなのか、聞いておいてください^^
2010.08.14 Sat 23:29:13 | URL | らぼっち #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。