おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
夜道に日は暮れぬ
   山

      今日は立秋。朝の空気がひんやり冷たい。気温だって、いくらか涼しく
     感じる――と自己暗示をかけて山の草を刈ったが、やっぱり暑い!
     1時間ほどで尻尾を巻いて山を下りた。

      上の写真の薄茶色の部分が刈った草の枯れている場所。
     山全体の8割が手つかずのままだ。

      いつになったら刈り終えるのか見当もつかない。
     頭の中で「日暮れて道遠し」という言葉がちらちらするが、
     「夜道に日は暮れぬ」ということわざもあるぞ、
     これ以上悪くなることはあるまいよと言い返してやる。

      ここは忍の一字。
     果樹などの苗木が草の中から姿を現すのを励みにぼちぼち刈っていこう。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif          
関連記事
スポンサーサイト
2010.08.07 Sat 16:07:24 | 畑仕事| 0 track backs, 2 comments
コメント
この記事へのコメント
怪談
健忘庵さん こんにちは。

 体力気力が充実――なんて、とんでもない。
もうヘロヘロです。

 100歳以上の人が何人も生死・所在不明というのは
現代の怪談ですね。
どんなドラマがあったのか知りたくもあり
知りたくもなし。

 8月6日の万柳入選作に
何気なく生まれてきたよに○ねたらな
という句がありました。
「そうだよな」と思ったことでした。
(○の所は死です。なぜかスパムと判断され受け付けて貰えません)
2010.08.08 Sun 15:36:32 | URL | 沢太郎 #fZUo1r6Y[ 編集]
がんばりますね
沢太郎さん、連日、身を焦がすような酷暑のなか、きちんと畑作業にに出ていますね。さぞかし、きつい日射しを浴びて、戸外の活動をよくやっていますね。

おそらく体力と気力が充実しているのでしょうね。

当方は昼はプールに沈んで体温を冷やし、日暮れとともに冷えたアルコールに手を出すグータラ飲ん兵衛。世のため人のために生産的なことは一切してませんので、輩出する所在不明のスーパー高齢者たちと内実は同じようなものです。

あっちもひどいが、こっちもひどい体たらくです。
2010.08.07 Sat 18:22:33 | URL | 健忘庵 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。