おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
1円玉大の抜け殻
   抜け殻

      草の先っぽにセミの抜け殻があった。アブラゼミやミンミンゼミの抜け殻より
     遥かに小さい。直径2センチの1円玉に乗せたら、ほぼ同じ大きさだった(写真)。
     体の小さなニイニイゼミかチッチゼミの抜け殻だろうか。

      朝夕の薄暗い時間にヒグラシが「カナカナ」と鳴いている。これは別に
     意外ではない。暑さを掻きたてるようにやかましく鳴くアブラゼミが
     まだ沈黙しているのは、どうしたわけだろう。今ごろ鳴いてもいいはず、というのは
     私の記憶違いで、アブラゼミの季節には少し早いのかも知れない。

      1円玉大の殻から抜け出たセミが今ごろどこで鳴いているのか知るすべはないが、
     小さなセミにも誇りあり、元気で頑張れよっ!     
    
    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif
関連記事
スポンサーサイト
2010.07.20 Tue 15:42:58 | その他| 0 track backs, 0 comments
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。