おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
おっかさぁ~ん
      寝床で雨音を聞く。室内はまだ暗い。午前4時ごろだろうか。
     Aさんが飼っている天草大王(熊本特産の鶏)が鳴いた。
     「おっかさぁ~ん」と鳴いているように思えた。
     一度、「おっかさぁ~ん」と聞こえると、何回鳴いても
     「こけこっこ~」とは聞こえない。妙なものだ。
     そのうち、「おとっつぁ~ん」と聞こえるかも知れない。

      そんなアホなことを考えているうち、部屋が明るんできた。
     今日は午前7時から集落内の県・市道、峠道、川の土手の草刈りだ。
     雨天決行ということで、時折強くなる雨の中、約30人が4時間、黙々と草を刈った。
     雨合羽を着ていたが、下着までびしょ濡れ。これは汗かな?

      作業終了後、地べたに腰を落とした1人が言った。
     「だんだん、草刈りがきつくなる。10年後はどうなってるだろう」
      
      10年後には90歳になる人も草刈りに加わっている。私だって四捨五入すれば80だ。
     分かるわけないじゃん、そんな先のこと。

      家に帰って太陽熱温水器のシャワーを浴びながら、ももう一度考えた。
    「おっかさぁ~ん。10年後はどうなっているでしょうね」     

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif           
関連記事
スポンサーサイト
2010.06.27 Sun 15:13:56 | 暮らし| 0 track backs, 0 comments
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。