おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
生き急ぐ豆っ子たち
       子豆

       枯れた豆がらに残しておいた種用の豆を採集した。
      種は乾燥さて保管、11月~12月に蒔いて約半年後に収穫する。
      ソラマメ、キヌサヤ、グリーンピースは何世代も
      自家製の種で命をリレーしてきた。

       種にするつもりの豆の中には未成熟のまま成長が止まった豆もある。
      上の写真の粒の小さなソラマメがそれだ。
      小さな芽を伸ばしているのがお分かりだろうか。

       このまま畑に埋めても厳しい夏を乗り越えられるかどうか分からない。
      それでも体の栄養分を芽にそそいでいる。
      私には豆の子どもたちが懸命に生き急いでいるように見えてならない。

       頑張れ豆っ子たち。

   ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif
関連記事
スポンサーサイト
2010.06.25 Fri 14:33:24 | 畑仕事| 0 track backs, 0 comments
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。