おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
酸っぱくてもグミ
   ぐみ

      グミの実が赤く色づき始めた。
     一粒食べてみる。
     おっ甘いじゃないかと思った次の瞬間、かすかな苦みが口中に広がった。
     続いて酸味、えぐ味も。

      果樹の甘さを競う風潮の中では、グミの野生味は分が悪いだろうが、
     甘いだけが味ではない。
     オラはグミを応援するぞ、と力んでみたりする。

      谷間の段々畑に植えたグミの細い苗は見上げる高さに成長した。
     去年は不作だったが、今年はこんもり茂った枝々に実が鈴なりだ。
     小鳥たちも食べごろを狙ってやって来るだろう。

      小鳥たちよ、脚立に乗っても手が届かない実はキミたちのもの、
     それより低い所の実は私の取り分ということで手を打とうではないか。

          少年の壺中にグミの実と涙(堀井春一郎)

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif      
関連記事
スポンサーサイト
2010.05.20 Thu 16:02:59 | 食べる| 0 track backs, 4 comments
コメント
この記事へのコメント
郷愁の味
とっちんさん こんにちは。

 山里でも今は
木イチゴ、桑の実、グミなどを食べる子どもたちを見掛けません。
もっと甘いものが簡単に手に入るからでしょうか。
近所のばあちゃんにグミをあげたら
「懐かしかね」と言って食べてくれました。
2010.05.21 Fri 15:15:28 | URL | 沢太郎 #fZUo1r6Y[ 編集]
こんな句も
kinnsannさん こんにちは。

 歳時記に

    島の子の茱萸(グミ)大枝に折りて食ふ(加藤貞仁)

という句も載っていましたよ。
2010.05.21 Fri 15:04:06 | URL | 沢太郎 #fZUo1r6Y[ 編集]
懐かしくもあり
グミの実を見るとなんとなく懐かしさがこみ上げます。
子供尾の頃、食べ過ぎるとお腹をこわすと言われ、ちょっとずつ庭のグミを食べていました。
美味しいと思った覚えはないのですが
懐かしい初夏の味として記憶しています。
最近ではあまり見かけなくなって寂しく思っていました。
2010.05.20 Thu 20:56:41 | URL | とっちん #-[ 編集]
口中に唾が
 写真と文章と俳句と。見事なアンサンブルです。
 写真を見るだけで口中に唾が湧きますが,このグミの味も,少年の日のアンサンブル。歳をとって懐かしい味でしょうか。
2010.05.20 Thu 19:45:31 | URL | kinnsann #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。