おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
宮崎の惨状
 石灰

     水ナスの苗を買いに阿蘇に行った。
    空は曇り、冷たい風が吹いていたが、牛たちが草原で草を食む
    いつもながらの風景が見られた。

     だが、牧舎や放牧地に通じる道の入り口はどこも石灰が撒かれている。
    観光スポット・大観望の入り口も白々と石灰にまみれていた。
    この異様な光景が口蹄疫の感染を防ぐ措置であることは言うまでもない。

     いま宮崎県で凄まじいことが起きている。
    今朝読んだ毎日新聞には
    「町内で養豚業を営む柳川勝志さん(38)はこの日、
    知人の農家の感染豚を殺処分にするため豚舎から出す作業を手伝った。
    柳川さんの豚舎でも約1000頭を先週末、殺処分したばかり。
    『殺処分を待つ間、豚は痛みで苦しみ続け、とても見ていられなかった』と振り返る」

    という記事が載っていた。

     宮崎で人や動物が苦しみ抜いているのに自分は何も出来ないもどかしさ。
    せめて、らぼっちさんのブログ「七転び八起き」の呼び掛けに応じて
    宮崎から惨状を訴える日南娘(ひなむすめ)さんの文章を転載したいと思う。
 

  【2010年05月12日】口蹄疫の問題について

今、宮崎県内では口蹄疫の問題で衝撃が走っています。宮崎県内にいても詳しく

知らない、わからない口蹄疫の現状。普天間問題やギリシャの問題、、殺人事件

等々、ニュースがあふれている中宮崎県内のニュースでもあまり長い時間を

割かれないのはなぜなのでしょうか?なぜ全国ニュースでは報道されないので

しょう? 県内外の方々に伝えて口蹄疫問題を理解していただけたら・・・

心から 思います。

この 現状を知ってもらうこと世論で政府を動かすしかもう手が無いんです 昨日日記

に書いた仲間の輪による消毒剤の話も、政府の圧力がかかり、 “各県まず自分所

の防疫の徹底をせよ。宮崎は農相みずから出向き全力で対応している” との電話

があったみたいです。 消毒剤が圧倒的に足りません。 消毒剤の事は昨日書きまし

たが、 人手も圧倒的に足りません。 政府は“現場スタッフを国としても確保してい

る”と発表してますが、一昨日までの現場スタッフ350人のほとんどは県のスタッフ。

九州農政局から3人の獣医師と20人のスタッフ、追加で30人の自衛隊。

追加で来た自衛隊は4日出たら2日休み実質2/3の労力。

昨日から宮崎による確保と九州各県の応援により倍の700人体勢に。

それでも殺処分対称の1割しか処分出来てません。

県も、保健所も、獣医師も、JAも、市町村も、休みなしで必死になって頑張って

ます。 保健所の友人はGWどころか、発生からずっと休み無し、6~21時の重労働。

爪は割れ、消毒剤で手の皮膚が爛れ…、 それでも必死になって戦ってます。

マイミクさんの旦那さんも新婚、子供が産まれて初めてのGWも休み無しで

頑張ってくれてます。 ホントに感謝しています。

それでも全然処分が追い付かないんです。

今、処分対称の10万頭のうち、20日間で処分が終わったのは1万頭にも届きま

せん。 今1日の処分頭数が千頭。毎日発症する頭数の方が圧倒的に多いんです。

感染した牛は毎日10億個、豚は5兆個のウイルスを撒き散らします。

感染拡大が止まりません。 4月末に発症した友人の農場では、今のペースでは

5月内に処分出来るかどうかと言った所です。 全て殺されてしまう。

それでも弱れば排出するウイルスが増える。だから、殺されるのがわかってても、

毎日餌をやり、ビタミンをやり、あらゆる手を尽くして少しでも牛を健康に保とうと

してます。 でも、農場全ての牛に広がり、弱い子牛から次々に弱り、死んでいき

ます。 死んでも処理業者も出入りできないため、死体の上に大量の石灰を

乗せても、腐敗し異臭を放ち始め、 それでも親牛は自分の子を一生懸命舐め、

石灰を落とそうとします。 消毒剤の不足から、本来は牛に使わないような強い薬を

大量に毎日浴びせられ、牛は毛が抜けぼろぼろになっていきます。

そんな中で、自分の家族同然の牛を殺す事も出来ず、飼い続けなければならない

んです。 また、保健所や獣医師が殺処分現場に集中せざるを得ず、発症が

疑われる農場の検査も出来ず、 テレビや報道では50件80000頭となっていますが、

把握してるだけで発症の疑いがあり検査待ちの所があと40農場あります。

とにかく人手が足りないんです。 もう殺処分が追い付かないんです。

首相が激甚災害に認定し、自衛隊を出さない限り、拡大は収まりません。

「その必要があるかどうかを関係閣僚と話し合い、必要とあれば検討する」とか

言ってる場合じゃないんです!! ワクチンと言う手も有りますが、現行の法律では使え

ず、 しかも大臣は「参院選後の国会で立案立法を…」 とか言ってますが、 その頃に

は国内の牛・豚・山羊・羊・鹿・猪…等の偶蹄類はいなくなってるでしょう。

皆さんにお願いです。

とにかく、今、宮崎で大変な事が起こってると言うことを、多くの人に伝えて下さい。

もう世論で政府を動かすしか方法がないんです。 資材機材も、人手も、予算も…

もう国に頼るしかないんです。

よろしくお願いします。

おおきなうねりとなって国会の場に届くことをねがっています どうか宮崎の酪農を

助けて下さい。心の底からお願いします。


もしも宮崎だけではなく、自分の住む街に口蹄疫の病気が広がったらどうし

ますか?

人事では済まされない、今必死に食い止めようとしている宮崎の農場の方達の

努力を是非に政府に働きかけるのを手伝って頂きたい。

ブログの力は弱いかも知れないが何もしないよりマシ

何卒宜しくお願い致します。
        
     ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif
関連記事
スポンサーサイト
2010.05.18 Tue 17:07:21 | 暮らし| 0 track backs, 8 comments
コメント
この記事へのコメント
災厄は必ず終わる
鬼子母神さん おはようございます。

 鬼子母神さんのコメントを読んだら
宮崎の皆さんはきっと励まされるでしょう。
この災厄の終わる日は必ず来ます。
そして、災い転じて福にしなければ
無為に死んだ何十万頭もの牛や豚が浮かばれません。


 
2010.05.20 Thu 10:45:18 | URL | 沢太郎 #fZUo1r6Y[ 編集]
非常事態
モヒさん おはようございます。

 確かに民主党の対応は、鈍く遅かったかも知れません。
そのあたりの責任は口蹄疫終息後に
厳しく追及し、宮崎の惨禍を二度と繰り返さないための
教訓にしなければならないと思います。
しかし、今は与党野党の区別なく
力を合わすべき時でしょう。
政治家は権限で、専門家はチエで、力のあるものは行動で
非常事態に取り組んで欲しいものです。
2010.05.20 Thu 10:18:01 | URL | 沢太郎 #fZUo1r6Y[ 編集]
宮崎は遠いけれど
健忘庵さん おはようございます。

 昔よく耳にした「事件や事故が発生した場所と
自分との距離が遠ければ遠いほど関心が低い」という
ニュースバリューの定義は今も真実だと思います。
事件が自分の関心のないテーマだったらなおさらでしょう。

 宮崎の口蹄疫も都市生活者にとっては
対岸の火事かも知れません。
でも、少し想像力を働かせれば
宮崎の苦悩は他人事ではないはず。
一日も早く終息するよう祈るばかりです。
2010.05.20 Thu 06:32:04 | URL | 沢太郎 #fZUo1r6Y[ 編集]
予防できないのか
らぼっちさん おはようございます。

 感染拡大を防ぐためには殺処分以外に
手段はないのでしょうか。
モノを捨てるときに使う“処分”という言葉にも抵抗を感じます。
2010.05.20 Thu 06:09:49 | URL | 沢太郎 #fZUo1r6Y[ 編集]
今は燎原の火でも
転載文を読んで胸が苦しくなります。

…つのる疲労、家族の一員の様な牛や豚を
殺処分しなければいけないと言う
その苦しみ。

必ず平穏は訪れます。
今は、しっかり立っていて下さい。
宮崎のみなさん、私も祈り、注視しています。
2010.05.19 Wed 16:54:26 | URL | 鬼子母神 #-[ 編集]
私もなぜ国が動かないのか不思議でなりません。民主党は命を守るとか言っていますが、非常時に本性が表れるということではすまされません。言うは易く行なうは難し、この国は、この政権はどうなっているのでしょうか。毎日命を育ててこられた関係者の方々の悲しみと怒りを考えると早く何とかしないととんでもないことになりそうな恐怖に襲われます。
2010.05.19 Wed 11:13:59 | URL | モヒ #-[ 編集]
口蹄疫のこと
つい最近、観光牛舎があるというので、クルマを走らせた。二頭のホルスタインとポニーが一頭いただけ。家族連れのなかの園児くらいの男の子が泣いていた。汚くて臭いというわけ。町で住んでいると、牛馬をまず見ることがない。見世物でしか見る機会がない。

というような事情は、大人にとっても同じで、当方も牛馬のことも口蹄疫などという病気について、なんの知識もない。なんで発症したのか、どれくらい恐ろしい伝染病なのか、どんな惨状なのか、知らない。

宮崎といえば、あの調子のいい知事がいるではないか、彼はなぜ早々と全国に問題の発生を訴え、窮状の実態を伝えるために奮闘すべきでなかったのかな。TV出演なら、くだらない番組のために易々と上京しているのに。

たとえば人手や資材が必要なら、自衛隊を出動を要請すればいい。天変地異と同じ災害出動をと訴えるべきなんだ。特定地域の安心、安全のためにも、人海作戦で取り組めるのは、自衛隊くらいだ。

(余談ですが、自衛隊の本来の用途は、こうした国土の保全、建設等に使われる組織であるべきだと思っています。)

とにかく蔓延する火の手を沈静化する方策がはやく行われることを望みます。当方なんか
慨嘆するばかりで、なんにも力になれず、申し訳ない気持ちですね。らぽっちさん。
2010.05.19 Wed 10:31:59 | URL | 健忘庵 #-[ 編集]
転載、ありがとうございましたm(_ _)m

沢太郎さんのところは訪問者が多いでしょうから
皆さんにこの事実を知ってもらうことが大切なことだと思います

現場は、もう地獄絵ですよね
こんな地獄が広がらないことを祈るのみです
2010.05.18 Tue 22:16:36 | URL | らぼっち #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。