おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
隠の楽しみ
   えびね

      「最高気温は27℃に達するでしょう」と朝のラジオが言っていた。
     きのうは朝と晩、石油ストーブをつけたのに一夜明けたら夏日かい。

      朝の7時過ぎから山の畑を耕した。
     涼しいうちに仕事をこなそうという計算だ。
     
      気温が刻々と上がるのが肌で分かった。
     半袖になりたいが、土地の人がセセリと呼ぶゴマ粒ほどの吸血昆虫が群がって来るので
     どんなに暑くても長袖を脱ぐわけにはいかない。

      杉の林の中で涼むことにした。
     湧き水の細い流れに沿って緩やかな坂を登ると、エビネが1本だけ咲いていた。
     林の中には何カ所かエビネが自生している場所があるが、
     花の時期には少し早いのかも知れない。

      日の当たらない場所でひっそり咲くエビネを隠者に例えた人がいる。

           隠者には隠の楽しみ花えびね(林翔)

      隠の楽しみって何だろう?

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif      
関連記事
スポンサーサイト
2010.05.03 Mon 15:16:25 | | 0 track backs, 0 comments
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。