おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
道具のお陰で
    耕す

       きのうハンマーナイフで草を刈った畑を耕した。

       家で耕運機を軽トラに乗せようとしたらエンジンがかからない。
      バッテリーが上がってしまったようだ。
      代わりに管理機のエンジンをかけたら1発でかかった。
      数年前に新品で買った耕運機が動かず、
      「もう使わんけん」と人にもらった時代物の管理機が故障知らず。
      皮肉なものだ。

       写真は段々畑の一番上の段。
      狭い畑なのに力の弱い管理機で耕すと2時間近くかかった。
      鍬で耕したり、牛や馬の力を借りた昔を思えば贅沢は言えない。

       畑仕事で重宝しているものを3つだけ挙げよと言われたら
      私は①軽トラ②耕運機③草払機――に指を折る。
      もう1つ許されるならチェーンソーか。

       こうした道具のお陰で腰痛持ちの爺ちゃんでも何とか畑仕事が出来る。
      ありがたいことだ。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif
関連記事
スポンサーサイト
2010.05.02 Sun 15:21:31 | 畑仕事| 0 track backs, 0 comments
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。