おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
散髪のように
    ハンマ前

       草むらを歩くと蛙やバッタが飛び跳ねるようになった。
      ということは彼らを餌にする蛇だって穴から出て来ているだろう。
      いつまでも草を伸び放題にしておくわけにはいかない。

       ハンマーナイフを軽トラで谷間の段々畑に運んだ。
      草払機より速く広く草を刈れるすぐれものだ。
      草むらをゆっくり走らせれば後に道が出来る。
      頭髪を刈るバリカンを思い浮かべたら分かりが早いかも知れない。

   ハンマ後

       丈の高い草を草払機で刈ると、長いまま倒れた草が耕運機の刃にからむ。
      ハンマーナイフは草を破砕して前方に飛ばすので、
      御覧のようにほとんど草の形が残らない。

       こうして畑3枚の草を刈った。
      明日からは畑を耕し、堆肥をすき込む。
      マイペースでのんびりやるつもりだが、なんとか夏野菜は作れるだろう。

     ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif
関連記事
スポンサーサイト
2010.05.01 Sat 17:11:00 | 畑仕事| 0 track backs, 0 comments
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。