おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
宿題を一つ片づけた
積む㊤

      長らく納屋の軒下に積んであった太い丸太の処理をようやく終えた。
     電気薪割り機で割って積み上げたら納屋の天井に届いた。

積む㊦

      納屋に入りきれない分は軒下に並べた。
     これからは谷間の段々畑に貯蔵している流木や倒木を少しずつ切って行けば
     薪ストーブの季節になっても慌てなくても済むだろう。

      ギリギリになるまで宿題を片づけないのは子供のころからの悪い癖だ。
     もう治らないだろうな。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif 
2014.06.30 Mon 14:18:50 | 暮らし| 2 comments
風鈴はどこだ?
      卓上の湿度計の数字が80%に迫っている。
     さすが高温多湿、ニッポンの夏だ。

      ふと思いついて、軒に風鈴を吊るすことにした。
     高く澄んだ音色で鳴る南部鉄の風鈴は、一陣の涼風を呼んでくれるに違いない。

      ところが、肝心の風鈴が見つからない。
     去年の秋、机の引き出しに仕舞ったはずなのに、どこを探してもない。
     風鈴に限らず、失くしたら困る書類なども、ていねいに仕舞い過ぎて
     かえって、その場所を思い出せないことがある。

      風鈴は、そのうちひょっこり出てくるだろう。
    しかし、それが秋風の吹くころだったら……意地でも吊るしてやるぞ。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif           
2014.06.25 Wed 15:45:55 | 暮らし| 0 comments
花も実もあるカーテン
カー㊤

      西日の当たる窓に緑のカーテンを作ることにした。
     植えたのは思いつくままにヨルガオ、ナタマメ、カボチャ、ヒョウタン、ヘチマ、
     アサガオ。

カー㊦

      早くもヒョウタンが白い花を咲かせた。
     このまま順調に育ったら、花も実もある賑やかなカーテンになるだろう。
     洗練とは程遠いけれど、これもまた良し、だ。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif      
2014.06.24 Tue 15:37:28 | 暮らし| 2 comments
もうすぐ梅雨は明けるぞ
かな

      ことし初めてセミを見た。
     たぶん、ヒグラシだ。
     羽化して間もないらしく、鳴きも飛びもしない。
     いきなり明るい所に出て、「ここはどこ?私は誰?」と戸惑っているのだろう。

      ヒグラシはカナ、カナ、カナと哀しげに鳴くから、晩夏から初秋にかけての
     寂しい季節のものだと思い込んでいた。
     しかし、実際は梅雨明け前後から鳴き始める。

      もうすぐ、ヒグラシが声張り上げて本格的な夏の到来を告げるだろう。
     そして、その声を聞かなくなったことにふと気付くころ、山里は
     すでに秋の気配が漂っている。
  
      一年の何と短いことか。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif         
2014.06.23 Mon 16:12:18 | 暮らし| 0 comments
機械サマサマ
割るイ

      明日と明後日は本格的な雨になるそうだ。
     きのう輪切りにした丸太を雨が降らないうちに割ってしまおう。

      写真左上の油圧式電気薪割り機に丸太を乗せて、レバーを下げるだけだが、
    丸太が重いので汗まみれになる。
    それでも、斧で割ることを思えば楽なものだ。

割るロ

      チェーンソーや薪割り機がなければ、ストーブの薪を自前で用意するのは
     難しい。     
     鍬や鋤など昔ながらの道具だけでは、私のような素人の農業ごっこでも
     とっくに挫折しているだろう。

      機械サマサマだ。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif 
2014.06.20 Fri 16:23:03 | 畑仕事| 2 comments
明日は明日の風が吹く
杉①

      ストーブの薪を作るとき、太くて重い木は、つい後回しになる。
     いつまでも敬遠しているわけにはいかないから、思い切って
     輪切りにすることにした。

杉②

      一番太い杉は直径57㎝もあった。
     写真の杉は年輪が50本ぐらい刻まれている。
     中心の年輪の何と細いこと。

      この木が耐えた歳月の重みを思わずにはいられない。

杉③

      1時間半ほどかかって、これくらい切ったら腰が痛くなった。
     今日は、これでお終い。
     ストーブに入る大きさに割るのは明日にしよう。

      「一日の労苦は一日にて足れり 明日は明日の風が吹く」と誰かが言ってたよね?

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif 
2014.06.19 Thu 15:36:44 | 畑仕事| 4 comments
映画また映画
      久しぶりにまとまった雨が降った。
     畑仕事が出来ないから“仕方なく”二日間、映画館に行った。

      きのうは、敗戦後まもない北海道や東京を舞台にした「飢餓海峡」
     (水上勉原作)を見た。
     復員服を着た男たちがまだ大勢、街を歩いている時代だ。
     復員服なんて若い人は知らないだろうが、こんな言葉は永久に
     死語になればいい。

      「飢餓海峡」が初めて上映されたのは、ほぼ半世紀前。
     三國連太郎や高倉健の若いこと!
     筋書きは省くけれど、183分もの上映時間中、尻がが少し痛くなっただけで、
     全く退屈しなかった。

      きょうは「春を背負って」を見た。
     立山連峰で山小屋経営に関わる男女の人間模様だ。
     もちろん立山の自然の美しさも堪能できる。

      しかし、映画の中の一挿話として紹介されたツルの群れがエベレストを
     越えるシーンには、もっと感動した。
     この短いシーンだけでも、もう一度見たいと思う。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif         
2014.06.18 Wed 15:49:55 | 遊び| 0 comments
猫の恍惚
マタ㊤

マタ㊦ マタタビの花は、とてもいい匂いがする。
葉の陰に隠れて下向きにひっそり咲いていても「ああ、咲いているな」と気づく。
「猫にマタタビ、女郎に小判」という諺もあるけれど、我が家の猫は花には興味がないようだ。

 JA植木まつり(1~2月)に行くと、マタタビの小枝を買う。
猫たちへの土産だ。
しかし、小枝が生木のうちは、ほとんど関心を示さない。
枝が枯れた今ごろになってようやく木の皮をかじるようになり、時に頬ずりしながら眠ったりする(写真㊦)。
一種の恍惚状態だ。

 飼い主としては、花を見てうっとりしてもらった方が好ましいが、猫には猫の事情があるのだろう。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif 
2014.06.15 Sun 14:33:19 | その他| 2 comments
今度はアオサギ
どろ

      先日(6月8日のブログ)、裏の田んぼにゴイサギが来ていたが、
     今日はアオサギが一羽、泥の中に立っていた。
     まだ午前6時前、ずいぶん早起きだ。

      ガラス戸を少し開けて、写真を撮っていたら、すぐに気づかれ、
     大きな翼を広げて飛んで行ってしまった。
     知らない猫には吠えるオグリもアオサギには関心を示さず、
     アオサギもオグリを尻目に悠然と歩く。

      相性がいいのかな。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif     
2014.06.13 Fri 15:09:12 | 暮らし| 0 comments
万能調味料
葉にんにく

      ニンニク(写真はジャンボニンニク)は好物だが、もうそれほど多く食べなくなった。
     代わりにニンニクの葉の醤油漬けは「万能調味料」として重宝している。

      青い新鮮な葉を細かく刻んで醤油に漬けるだけ。
     ほかに何の工夫もない。
     
      醤油の垂れるニンニクの葉を箸でつまんで魚や肉、豆腐などの上に乗せる。
     すると、ニンニクの若い香りが卓上に満ち、食欲をそそる。
     食欲の落ちるこれからの季節に向いているのではないかな。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif 
2014.06.12 Thu 15:02:16 | 食べる| 4 comments
野の花もまたよし
しも㊤

しも㊦

      降りそうで降らない暗い空から突然、日が差して
     谷間の段々畑の草むらを照らした。
     何か赤いものが見える。
     シモツケソウだ。

      梅雨と聞いてすぐ頭に浮かぶのはアジサイだが、
     シモツケソウのような野の花も、じめじめした鬱陶しい気分を晴らしてくれる。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif   
2014.06.11 Wed 15:46:12 | | 0 comments
オグリの衣替え
毛ア

      オグリが自分の体を掻くと、毛がモワモワッと抜ける。
     冬毛が夏毛に生え変わる季節なんだ。

      谷間の段々畑で、たっぷり時間を掛けてブラッシングしてやった。
     ここは人里離れているので、少々毛が飛んでも迷惑にはならない。

毛イ

      気持ちよさそうに寝ている間に大量の毛玉が取れ、夏向きのすっきりした体に
     なった(本当かね?)。 
    
      杉林の奥からコジュケイの鳴き声が聞こえる。
     おい、男前のオグリ、コジュケイが「ちょっと来い、ちょっと来い」と誘っているぞ。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif        
2014.06.09 Mon 14:59:28 | 暮らし| 4 comments
負けるな蛙
やせ蛙

      水を張ったばかりの田んぼに見慣れぬ水鳥がいた。
     コサギ、アマサギ、アオサギといった、この辺りの常連さんではない。
     ゴイサギだろうか。

      蛙の鳴き声がピタリとやんだ。
     ゴイサギの出現で身の危険を察知したのかも知れない。

      もうすぐ田植えが始まる。
     水鳥がたくさんやって来て田んぼは賑わうが、蛙にとっては受難の
     季節だ。

      やせ蛙負けるな爺ちゃんこれにあり。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif 
2014.06.08 Sun 14:22:56 | 暮らし| 0 comments
柿の切り屑は
きる㊤

きる㊦ 去年の12月に切った柿の木の処分に困っている、というので喜んで貰って来た。
ストーブの薪は、いくらあっても足りないような気がするのだ。

 チェーンソーで薪の大きさに切り分けたら、コンテナ8杯分もあった。
日当たり、風通しのいい場所で1,2年寝かせば立派な薪になるだろう。

 柿の切り屑は、写真では分かりにくいが、鮮やかな黄色だ(写真㊦)。
「犯人の遺留品に黄色い木屑が付着していた。指先でつまんでいた捜査員の1人が頷いて立ち上がった……」なんて、安物の推理小説のネタにもならないか。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif 
2014.06.07 Sat 16:11:35 | 畑仕事| 0 comments
大酒飲み?
      病院の血液検査で、γ-GTPだけが基準値を上回っていた。
     医師に飲酒量を訊かれ、「晩酌に350mlの缶ビールを3~4本」と答えると、
     「わっ!随分たくさん飲んでますねえ」と驚かれた。
     この程度で大酒飲み扱いされるとは思っていなかったから、こちらも
     負けずに驚いた。

      今さら昔のことを言っても仕方がないが、勤め人だったころは
     ビールは口あけに過ぎず、その後はウィスキーか焼酎に切り替えて
     日付が変わるまで飲み続けたものだ。

      若いつもりでも世間から見たら立派な爺さん。
     数本の缶ビールは、文字通り年寄りの冷や水なのだろう。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif          
2014.06.06 Fri 15:42:54 | 暮らし| 1 comments
不思議な映画
ポスタ

      「WOOD JOB!~神去なあなあ日常~」は不思議な映画だ。
     他愛のないシーンをアハハと笑っていて、気がつくと涙が出ている。
     後で考えても、何がおかしくて、どこが哀しかったのか、よく分からない。
     頭のネジや涙腺が緩んでしまったのだろうか。

      ただ、百年杉には感動した。
     私は昔から樹齢百年を超える古木には神が宿ると信じているが、
     今回この映画を見て、その思いを新たにした。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif    
2014.06.05 Thu 14:25:56 | 遊び| 2 comments
夜の来客
去年ホタル

      ほとんど来客のない我が家が、5月の末ごろから夜の訪問者で
     賑わうようになった。
     午後8時前後に三々五々現れるホタルだ。

      青い光を曳いてスーッと飛ぶホタルは速くて、私の腕では
     カメラに収められない。
     上の写真は去年の6月11日、犬小屋のマットに止まってくれたので
     何とか撮れたものだ。

      今晩もカメラを持ってホタルを待つ。
     庭にホタルが飛ぶ贅沢な光景を撮りたい一心で。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif      
2014.06.03 Tue 16:28:27 | 暮らし| 0 comments
開き直り
玉ちゃん

      タマネギを収穫した。
     大きさも形もバラバラ。
     開き直って言えば、「それがどうした?」

      人間だって同じこと。
     みんな規格どおりに同じだったら無気味ではないか。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif    
2014.06.02 Mon 14:17:39 | 畑仕事| 0 comments
もう、そろそろ
梅雨待ち

      去年のカレンダーの5月27日に「梅雨入り」と書き込んであった。
     今年の梅雨は、いつごろだろう。

      天気予報を見ると、明日あたりから雲や傘のマークが多くなっている。
     紫陽花も、いつ咲いてもいい構えだ。

      もう、そろそろだね。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif 
2014.06.01 Sun 14:31:43 | 暮らし| 0 comments
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。