おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
のんべんだらりと
栗花

      いま山里は栗の花の盛りだ。
     ついこの間まで栗の林はみずみずしい新緑に覆われていたのに……。
     そうか、5月も今日で終わりか。

      年が明けてから5カ月間、何をしてきたか、はっきり思い出せない。
     過去の記憶が霧の中に閉ざされていくのは、毎日をのんべんだらりと
     だらしなく過ごしているからだろう。

      そうかと言って「一日一生」と思い定めて生きたり、何ごとにも
     「今生の見納め」のつもりで接しようとは思わない。
     怠け者の自分には無理だし、窮屈だ。

      これまで通り分相応に生きていれば、そのうち栗が実るし、
     彼岸花も咲くだろう。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif    
関連記事
スポンサーサイト
2014.05.31 Sat 15:27:11 | 暮らし| 0 comments
ジャガイモのような人
じゃが花

      ジャガイモの花を見て思い出したことがある。
     もう40年も前の話だ。

      独身時代の吉永小百合さんが理想の男性像について訊かれ、
     「ジャガイモのような人」と語っていた。
     妙な人が好きなんだね、と記憶に残っている。

      そして、結婚したのは美男でもスマートでもない(失礼)、15歳も年上の
     テレビディレクター・岡田太郎さんだった。
     なるほど、これがジャガイモのような人か。
     目が大きくて優しそうではないか。

      岡田さんは、もう80歳を超えているはず。
     お元気だろうか。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif                 
2014.05.30 Fri 14:41:26 | その他| 0 comments
ヤクザの黒服
れんげ種

      レンゲ草の花の終わった畑に、何やら黒いものが無数に
     見え隠れしている(写真)。
     中に入っているのは、指で摘まめないほど小さな種だ。
     レンゲ草の種を宿している莢(さや)だろう。

      レンゲは、あんなに可憐な花なのに莢は、そのイメージから遠過ぎる。
    まるで、ヤクザ屋さんの黒服のようだ。
    「俺に触るなよ」と凄んでいるのかな。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif 
2014.05.29 Thu 15:27:18 | 畑仕事| 2 comments
猫のルール
のら㊤

      我が家の裏門に見知らぬ猫が寝そべっていた。
     そこへ帰って来たのがミーコ。
     猫に気づくと、くるりと方向転換して隣りの空き家の庭に逃げ込んだ。

のら㊦

      「お~い、大丈夫だ。帰って来い!」と声を掛けたら、寝そべっていた猫が
     こちらを見た。
     なかなかの面構えだ。
     首輪はしていない。
     年老いて痩せたミーコとは迫力が全く違う。

      何の証拠もないけれど、ミーコに怪我をさせたのは、この猫ではないかと
     直感した。
     猫には猫のルールがあるのだろう。
     たとえば、自分の縄張りに入って来た猫は敵とみなして攻撃してもいい――
     というような。

      ミーコはうっかりノラの縄張りに入り込んで、肉球が裂けるほど足を
     噛まれたのではないか。
     猫の世界では“うっかり”は通用しない、と改めて学んだに違いない。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif     
2014.05.28 Wed 16:15:48 | その他| 0 comments
猫のチエ
正座

      ――1週間ほど前のことだ。
     老猫ミーコが24時間以上、眠り続けた。

      元々、猫はよく寝るけれど、これは度が過ぎている。
     心配になって、何度か頭をなでたり、撫でたりしても、
     薄目を開けてニャーと鳴くばかり。

      立ちあがっても、右後ろ足を床に下ろすことが出来ず、よろよろと
     3本足で歩くのが精一杯。
     足をけがしているのに違いない。

      動物病院に連れて行った。
     「後ろ足の肉球が裂けているし、腫れもひどい。猫に噛まれたか
     引っ掻かれたのでしょう」と獣医さん。
     「12日間は効き続ける」という抗生物質を注射してもらった。

      それから1週間。
     4本足で歩けるようになったし、足を投げ出しての横座りではなく、
     “正座”(写真)も出来るようになった。
     弟分のチビ九郎と喧嘩する元気も出て来た。

      けがをしたとき、ひたすら安静に眠っていたのは、自然治癒を待つ
     猫のチエだったのだろう。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif            
2014.05.27 Tue 15:49:43 | その他| 2 comments
ネイチャー
ねい 話題の3D映画『ネイチャー』を見た。
題名の通り、登場するのは海や滝、火山の噴火などの自然現象と、動植物がほとんど。
もとより人間ドラマではない。

 3Dは昔の“飛びだす映画”とは全く違う。
映像が観客席に溢れ出て来て、中に取り込まれてしまう感じだ。
小学生を連れた家族も多く見に来ていたが、シーンと静まり返っていたのは大迫力に圧倒されていたのだろう。

 3Dが自然ドキュメンタリーに向いているのは分かった。
汗が飛び、肉体がぶつかり合うスポーツ物にも合うかも知れない。  

 しかし、将来もっと技術が進歩して、すべての映画が眼鏡なしでも見られる3D映画になるのは考えものだ。
わっ、わっと驚いてばかりいたら疲れるじゃないですか。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif  
2014.05.26 Mon 15:46:19 | 遊び| 0 comments
昭和は遠くなりにけり
桑イ

桑ロ

      庭の木でヒヨドリがしきりに何かをついばんでいた。
     見に行ったら、桑の実だった。

      桑の実を見るのは何年ぶりだろう?
     懐かしいなあ。

      食糧難だった小学生のころ、山で桑の実や木イチゴを夢中で食べた。
     桑の実の汁で黒紫色に染まった口を指差して、友だちと笑いあった記憶がある。 
     その友だちの名前や顔は、もう覚えていない。

      故郷を離れて久しく、私も年老いた。
    昭和は遠くなりにけり、だ。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif   
2014.05.25 Sun 17:01:19 | 食べる| 6 comments
色香に迷う
かおり

      窓を開けたら、甘い香りが風と一緒に入って来た。
     何の香りだろう?
     たぶん、これだ。

      隣家の栗林にミカンの木が一本生えているのだった(写真)。
    さほど大きな木ではないけれど、香りは強い。
    ここが栗林ではなく、ミカン山だったら、いい歳した私も色香に迷うかも知れない。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif 
2014.05.24 Sat 14:43:31 | | 0 comments
大きな声は袋のお蔭
袋

      家の周りの田んぼから蛙の鳴き声が聞こえる季節になった。
     田植えが済んだら、もっとにぎやかになるだろう。

      田んぼの合唱団とは別にクワっクワックワッとソロで歌っている蛙がいた。
     軒先に届く高さの竹棒の先端にいるのはアマガエル(ひょっとしたらアオガエル)か。
     ノドの袋をふくらませて振動させている。

      小さな体で、びっくりするほど大きな声が出るのは、この袋のお蔭だろう。
     なるほどね。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif 
2014.05.23 Fri 16:59:04 | その他| 2 comments
夏は来ぬ――と言っても
かもあし

      谷間の段々畑で草を刈っていたとき、ホトトギスの初音を聞いた。
     「夏が来た」と高らかに宣言しているのだろう。
     すると、ホトトギスの声を遮るようにウグイスが鳴いた。
     夏鳥と春告げ鳥のデュエットだ。

      早朝は、肌寒い日が多く、まだ薪ストーブを燃やしている。
     今が盛りのユキノシタも老眼鏡を外して見れば、降りしきる雪に
     見えないこともない(写真)。

      それでいて昼間は連日の夏日だ。
     暑さも寒さも中途半端な季節だね。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif 
2014.05.22 Thu 16:05:00 | 暮らし| 2 comments
個人的な都合で
       全く個人的な事情で、長らくブログの更新を休んでいます。
      訪問して下さる皆様には、お詫びしなけれなりませんが、
      復活は、もう少し先になりそうです。

       いえ、病気ではありませんから、他人事ながらご安心を。
2014.05.12 Mon 16:30:52 | 暮らし| 2 comments
続びっくり箱
鬼

      思いがけない場所に思いがけない花が咲く我が庭について
     「狭いけれど、びっくり箱みたいな庭だ」と書いたことがある(2014/04/23)。
     そのびっくり箱がまた開いた。

      背丈ほどの木に奇妙な赤い花が咲いていた。
     小さなウサギの耳のような花だ。

      色々調べたら、鬼胡桃(オニグルミ)の雌花だと分かった。
     ごく若い木だから、この家が空き家だった数年前に生えたのでは
     なかろうか。

      この木が大木だったら、見上げても小さな花は見えない。
     今のうちに気づいて、ちょっと得した気分だ。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif 
2014.05.04 Sun 16:17:44 | | 2 comments
小さな穴
グリーン

      庭のグリーンピースがだいぶ大きくなった。
     かつては谷間の段々畑でソラマメ、枝豆、キヌサヤなど多種類の
     豆を栽培していたが、今は狭い菜園のグリーンピースだけ。
     豆類だけではなく、ほかの野菜も、ほとんど作るのを止めてしまった。

      “多品目少量栽培”は、いまや完全に看板倒れだ。
     どうして、こんなことになったのだろう。
     体力・気力の衰えだけではなく、手を広げ過ぎて能力の
     限界を超えてしまったのではないか。

      「蟹は甲羅に似せて穴を掘る」そうだ。
     自分も楽農の原点に戻って、小さな穴を掘ることにしよう。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif 
2014.05.03 Sat 17:06:34 | 畑仕事| 0 comments
5月は雨で始まった
あやめ

      風薫る5月になった。
     山々の新緑がまぶしい……と言いたいところだが、雨が降っている。

      雨の雫をを宿した菖蒲は、晴れの日よりも元気そうだ。
     雨の5月も悪くないね。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif 
      
2014.05.01 Thu 14:42:04 | | 0 comments
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。