おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
小学生のお年玉?
飾り

      今日も道の駅に連れ合い手作りの正月飾りを出荷した。
     たった二つだから、出荷というほど大層なものではない。

      正月飾りの材料は、藁縄を除いて紅白の南天、熊笹、蔓、檜の
     葉など、谷間の段々畑周辺で手に入れている。
     材料費はほとんどタダなのに、一つ1000円も頂いているのは
     一つ作るのに2時間近くかかるからだ。
     つまり全額手間賃のようなもの。

      明日出す二つを含めて計5個の飾りが完売すれば、5000円の
     売上。
     小学生のお年玉より多いだろうか?

      さて、今年もいよいよ大詰め。
     当ブログも年内は今日が最後となります。
     来年、またお目にかかりましょう。

      皆様も楽しい新年を迎えられますように。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif 
関連記事
スポンサーサイト
2013.12.29 Sun 16:20:56 | 畑仕事| 4 comments
寒さに尻尾を巻いて
凍い

      車庫に入れた軽トラの窓が凍っていた。
     トゲトゲ尖った氷の結晶は暖房を強にしたぐらいでは消えず、
     ぬるま湯を掛けて溶かした。

      気温は氷点下5℃。

凍ろ

      午前8時過ぎに戻しゼンマイと正月飾りを道の駅に出荷。
     その足で谷間の段々畑に寄ったら雪が降り出した。
     風が強く、ゴム手袋をしているのに指先が痛い。

凍は

      谷間の段々畑に切り溜めているストーブの薪をコンテナ6箱分だけ
     軽トラに積んで早々と帰宅した。

      冬だから当たり前だけど、寒かったなぁ。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif 
2013.12.28 Sat 16:18:50 | 畑仕事| 0 comments
南天の夢を見た
なんてんのみ

      きのうのこと。
     解体前の納屋にあった古い甕に南天の大枝を活けて、
     玄関前に置いた。
     正月飾りのつもりだ。

      そして夜、南天の夢を見た。
     赤く灼熱した南天の実が家に迫っている。
     火事になるかも知れないのに、自分は身動き一つできない。
 
      夜間の頻尿になってから妙な夢をよく見るようになった。
     これも疲れる。

            南天の夢が醒めての動悸かな(沢太郎)

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif 
2013.12.27 Fri 15:40:59 | その他| 0 comments
夜間のヒンニョウ
      気がつけば2週間余りブログを休んでしまいました。
     心配して下さった皆さんには感謝の言葉もありません。

      病気で寝ていたわけではなく、むしろ逆に夜眠れないため、
     昼間は眠くて頭にカスミがかかり、ブログが書けなかったのです。

      眠れぬ原因は夜間の頻尿(夜尿症ではありませんよ)。
     一晩に6~8回もトイレに通うので、眠るどころではなく
     布団の中で目を閉じていても、常に半醒半睡の状態。
     頻尿なんて年寄りがかかるものと、他人事のように思っていましたが、
     私も年寄りですから、いつ頻尿になってもおかしくなかったのですね。

      泌尿器科の検査では前立腺その他に異常がないということで、
     朝夕薬を飲み、最近になって夜間のトイレが半減した結果、ようやく、
     ブログでも書いてみようかという気分になった次第です。
     これからも、雨だれのようにポツポツと書いて行きますので、
     よろしくおつきあい下さい。

      最後になりましたが、皆様もご自愛のうえ、良い年をお迎え下さい。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif      
2013.12.26 Thu 16:20:27 | 暮らし| 6 comments
消える柿の皮
赤い皮

      高菜の苗の間に見える赤いものは渋柿の皮だ。
     干し柿を作った際の残り物は、こうして畑に還す。

      皮は年を越すと、いつの間にか跡形もなく消えてしまう。
     たぶん、地中のバクテリアが分解し、高菜がそれを養分として
     体内に取り込んでしまうのだろう。

      高菜の漬物は、熊本では人気が高い。
     柿の皮を食べて育った我が家の高菜は、他に負けない旨味があると
     ひそかに思っている。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif 
2013.12.11 Wed 16:11:31 | 畑仕事| 9 comments
老け顔
アオ

      スズメやカラスほどではないけれど、山里では
     コサギ、アオサギを良く見掛ける。
     今日もお隣の屋根でアオサギが日向ぼっこをしていた。
     (この写真もピンボケ。反省!)

      鳥は成鳥になると、みんな老けて見える。
     このアオサギも若いのか年寄りなのか見当がつかない。
     「あんたは年寄りだろ。ひと目で分かるよ」とアオサギに言われそうだから、
     この辺りでやめておこう。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif 
2013.12.10 Tue 15:53:15 | その他| 2 comments
まるで盗み撮り
ことり

      裏庭で小鳥の気配がした。
     窓を開けたら小鳥は逃げるだろう。
     仕方なく、ガラス窓越しに、吊るし柿の隙間から1枚撮った。
     (まるで盗み撮りだね)

      鳥の羽根に、かろうじて白い“紋”が見える。
     冬鳥のジョウビタキだ。
     10月の末ごろから何回か見掛けたが、写真は撮れなかった。
     人懐こく、比較的近くまで寄って来るから、次回はもう少し
     鮮明な写真が撮れるだろう。

      年が明けて「最近、ジョウビタキを見ないなあ」と淋しく感じたとき、
     季節は、もう春だ。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif 
2013.12.07 Sat 16:27:40 | その他| 0 comments
不屈の芽キャベツ
芽1

      今朝の山里は氷点下3℃まで下がった。
     「今シーズン一番の冷え込み」記録をまたまた更新した。

      芽キャベツに霜が降りて、見ているだけで寒い。

芽2

      霜の結晶は鋭いガラスの破片のようだ。
     でも、朝日を浴びると、見る見る霜が溶けて元の
     青々した葉っぱに戻った。

      不屈の芽キャベツに拍手!だ。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif 
2013.12.05 Thu 16:04:49 | 暮らし| 0 comments
春に先駆けて
スミ㊤

      土が凍るほど冷えた朝、庭にスミレが咲いていた。
     スミレは慎ましく可憐なイメージがあるけれど、実際は
     たくましく強い花かも知れない。

スミ㊦

      こちらは白いスミレ。
     冬景色の中で、どちらも、ひっそりと目立たない。

      百花繚乱の春になったら、いっそう影が薄くなるだろう。
     そこがまた、スミレのいい所だ、と肩を持つ人も少なくないのではないか。
     かく言う私も満開の桜の下でスミレを目で追ってしまう1人だ。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif 
2013.12.04 Wed 15:15:53 | | 0 comments
ボーナスも出ないのに
物損

      草に隠れた岩にぶつけて、軽乗用車のバンパーの一部が
     剥がれてしまった。
     狭い庭なのに、タカをくくって、いい加減に方向転換した報いだ。

      板金塗装工場に持ち込んだら、バンパーそのものを
     交換しないといけないと言われ、56、091円の見積もりを
     出してくれた。       
     ボーナスも出ないのに6万近い出費は痛い。

      しかし、人や動物を傷つけずにすんだのは不幸中の幸い。
     免許を取って40年、運転に慣れても舐めてはいけないと
     改めて肝に銘じたことだった。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif 
2013.12.03 Tue 15:29:56 | 暮らし| 2 comments
怠け癖再々発
吊る

      ブログを4日休んだら、もう12月になっていた。
     この間、何をしていたんだろうねえ。

      忙しいわけでも、病気で伏していたのでもない。
     何か憑きものが落ちたようにパソコンに興味を失くし、
     一度も開かなかった。
     持病の怠け癖だ。
     ある日突然発症するから始末に悪い。

      このところ毎日、干し柿10~20パックを道の駅に出している。
     価格は300円前後だ。
     渋柿の仕入れ値や手間ひま、道の駅に払う手数料、資材費を考えたら
     利益はいくらもない。

      誰か印鑑のない借用書と引き換えに、無利子、無担保で
     5000万円貸してくれないかな。
     「暮らしの先行きに不安」なら、都知事さんには負けっこないけれど。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif 
2013.12.01 Sun 15:07:28 | 暮らし| 0 comments
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。