おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
カボスとスダチ
かぼす

      近所の奥さんからカボスを頂いた。
     九州に移住して10年余り経つのに、恥ずかしながら大分特産の
     カボスについて、ほとんど知識がない。
     たぶん、薬味として使ったこともないように思う。

      刺し身、焼き魚、肉料理にカボスをぎゅっと絞ると、酸味と香りで
     味が引き立つし、焼酎や味噌汁に垂らしても美味しいそうだ。
     徳島のスダチと同じ使い方ですねと言ったら、奥さんは少し怪訝な顔を
     した。
     九州ではスダチより、カボスの方が一般的なのだろう。

      カボスとスダチは大きさがだいぶ違う。
     カボスは普通サイズのミカンの大きさで、スダチはピンポン玉ぐらい。
     味にも違いがあるのだろうか。

      私はスダチばかり使ってきたが、これからはカボスに切り替えてみよう。
     そして、朋(とも)が遠方より来たら、カボスとスダチについて、うんちくを
     傾けてやろう。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif 
2013.10.31 Thu 16:14:25 | 食べる| 6 comments
鬼が笑うよね
むらさき

      そろそろ薩摩芋を収穫しないと、霜にやられるかも知れない。
     急に心配になって試し掘りしたら、思いのほか大きい芋がゴロゴロ
     出て来た。
     とは言うものの、自宅裏の小さな菜園のことだから、全部掘っても
     写真の倍ぐらいの量しかない。

      今年は散々、畑仕事を怠けたから、これから収穫できるのは
     谷間の段々畑を含めてもゴボウぐらい。
     来年はコツコツ働いて、嬉しい収穫の秋を迎えたいと思うが、
     もう今年をあきらめて来年のことを言ってるようでは、腹を抱えて鬼が
     笑うよね。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif 
2013.10.30 Wed 16:20:18 | 畑仕事| 0 comments
まだアサガオ
あさ

      このところ朝の冷え込みが厳しい。
     そろそろ初霜が降りるのではないか。

      谷間の段々畑では、冷たい朝露に濡れてアサガオが咲いていた。
     形が小さく、花の色も褪せて見えたが、凛としている。
     強い花だ。

      早朝に咲き始め、昼前にはしぼんでしまう儚い花だと思っていたが、
     どうやら間違っていたようだ。

            朝顔の葉蔭に猫の目玉かな(漱石)

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif 
2013.10.29 Tue 16:21:59 | | 0 comments
花梨の香り
花梨

      農産物直売所で、小ぶりの花梨(カリン)を売っていた。 
     部屋に一個置くだけで、爽やかな香りが漂うと聞いたことがある。
     買って帰り、試してみた。

      ところが……匂わない。
     鼻を近づけると、かすかにそれらしき香りがする。
     庭のモクセイに圧倒されたのだろうか。

      26日の新聞投書欄に63歳の女性が「多数の人が好むであろうキンモクセイや
     カサブランカは私には香りが強すぎて好きではない」
と書いていた。
     私も、たまにモクセイの香りをうとましく感じることもあるので、投書者の気持ちも
     分からないではない。

      ふと気がついたら何かが香っている、ああこれが花梨の匂いか――という
     静かな部屋でくつろいでみたいと、時には思うのだ。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif     
2013.10.27 Sun 16:02:43 | その他| 0 comments
老いたカマキリ
老カマ

      台風が九州から遠ざかった朝、空は雲に覆われ、冷たい風が吹いた。
     玄関前の小さな陽だまりにカマキリがじっとしていた。
     指で触れても、わずかに動くだけ。
     体の色があせて、夏のような生気はない。

      老いて疲れたカマキリは、我が身を見てるようで、少々せつない。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif 
2013.10.26 Sat 16:02:28 | その他| 0 comments
ボロ家の余得
もく地

      雨が降っている。
     ゆっくり朝寝をしようと思っていたのに甘い香りで
     目が覚めてしまった。
     数日前から咲き始めたモクセイ(木犀)だ。

もく天

      我が終の棲家は床が抜け、雨漏りがする古民家だった。
     その分、庭の柿、モミジ、椿、梅、モクセイなども古びて大きい。

      もし、お金があったら、ボロ家には目もくれず、新築の家を
     買ったかも知れない。
     しかし、新築では、歳月を重ねた庭木まで手が回らなかっただろう。
     何が幸いするか分からないものだ。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif 
2013.10.24 Thu 15:01:35 | | 2 comments
焼酎とアケビシロップ
akebi

      谷間の段々畑脇の山でアケビを採った。
     アケビは子どものころ、夢中で探した懐かしい野生の果実だが、
     今は食べたいとは思わないし、手にとっても血が騒ぐこともない。

      そこで、雑誌を頼りにアケビシロップを作ることにした。
     アケビの汚れは洗わずに布でふき取り、一つのアケビをざくっと
     三つぐらいに切って、皮と実(種も)を同量の砂糖とともに密閉瓶で
     保存すれば、10日ぐらいで飲めるらしい。

      シロップは焼酎の水割りに数滴垂らしたらイケるかも知れない、と考えるのは
     童心を失った証拠だろう。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif 
2013.10.22 Tue 16:33:36 | 食べる| 3 comments
同じ忙しさでも
薪材

      留守の間に誰かが材木を納屋の前に置いてくれていた。
     その量は2トントラック一台分ぐらいはある。

      我が家が薪ストーブを使っていることを知って、これまで
     何人もの人が薪の材料を持って来てくれた。
     今日の分も、その中の一人だと思うが、誰だか分からない。

      この前の冬は薪集めに苦労した。
     終の棲家に引っ越したのが11月26日。
     荷ほどきと並行して菊池川まで流木を拾いに行き、数日後には
     底をつく薪の用意をしたこともある。

      今年は多くの方々の厚意のお蔭で薪に不自由しないで済みそうだ。
     その代わり、薪作りと収納に忙しい。
     同じ忙しさでも、翌日の薪を心配しないで済む方が、どれだけ精神的に
     楽なことか。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif 
2013.10.21 Mon 15:45:03 | 暮らし| 0 comments
嫌いな花
嫌い

      石蕗(ツワブキ)の花が咲いた。
     今年もその季節になったかと思うだけで、この花に特段の感興は湧かない。

      女流俳人の三橋鷹女は石蕗が嫌いだったらしい。
     こんな句を遺している。

              つはぶきはだんまりの花嫌ひな花

      自分はどんな花が嫌いか考えてみたが、なかなか思いつかない。
     強いて挙げれば枇杷の花だろうか。

      ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif 
2013.10.20 Sun 16:03:14 | | 0 comments
樹上の黒ヒョウ
くろう

      郵便受けから朝刊を取り出していたら、木の上から声を掛けられた。
     5カ月前に我が家の一員になったチビクロこと黒猫の九郎だ。
     猫語で「おはよう」と言ったらしい。

      貰った当時は手のひらに乗るほど小さかったが、今では10歳の
     ミーコをしのぐ大きさになった。
     毛の艶も黒光りしていて、高い木にも難なく駆け登るさまは、
     まるで黒ヒョウの子どもだ。

      腰痛持ちの爺さん(私)は、九郎のしなやかな足腰が羨ましくてならない。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif 
2013.10.19 Sat 16:45:53 | 暮らし| 5 comments
赤い美酒
赤実

      ガマズミの実が赤くなってきた。
     一粒口に含んでみた。
     まだ酸っぱい。

      もう少し熟したら今年もガマズミ酒を作ろう。
     不眠症の改善、疲労回復や老化防止に役立つそうだが、
     老化防止はどうかな?
     
      赤く染まった美しい酒を飲むと、気持ちがほぐれ、安眠できるのは確かだ。
     その上、老化防止まで期待するのは欲が過ぎるというものだろう。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif 
2013.10.18 Fri 16:54:50 | 暮らし| 0 comments
勝手に冬入り宣言
点火

      今朝の気温は9℃。
     短い秋は終わり、長い冬の始まりだ。

      早速ストーブに火をつけた。
     料理を目で味わうというが、ストーブも揺らめく火を眺めているだけで
     暖かくなってくる。

                ※

      きのうは朝から夕方まで病院で過ごした。
     年1回の胃と大腸の内視鏡検査だ。

      まず、ムーベンという腸管洗浄剤(下水管洗剤みたいだね)を
     15分おきにコップ一杯、計2.0リットル飲む。
     これは、しんどい。

      検査は午後から。
     内視鏡を通しやすいように、のどを麻痺させる液剤を飲み、続いて
     麻酔の点滴注射。
     医師や看護師の声は聞こえるが、検査の痛みや不快感は全くない。
     半覚半睡の状態だったのだろう。
     どれだけ時間が掛かったか分からないうちに検査は終わった。

      眠気が覚めるまでベッドで寝て、医師の説明を聞いた。
     1~2ミリのポリープが3つ、6ミリのポリープが1つ見つかったそうだ。
     小さいポリープは経過観察、大きい方は年明けにも治療(切除?)が必要とのこと。
     詳しい話は来月の定期検診時に聞くが、早く知りたいような、いつまでも聞きたく
     ないような……。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif 
2013.10.17 Thu 16:09:09 | 暮らし| 3 comments
冬将軍よ、いつでもおいで
まき天

      建て直した納屋の薪置き場は奥行きが深く、奥と手前の2列に積めば
     大量の薪が収納できる。

まき地

      さらに、雨除けの庇を長くした納屋の外にも積める。
     これだけあれば、11月末に終の棲家に引っ越した昨年のように
     毎日、薪集めに追われることはないだろう。

      もうすぐ薪ストーブの季節がやって来る。
     納屋の薪が少なくなったら、夏の間にコツコツ薪を溜めた谷間の段々畑から
     余裕を持って運べばいい。
     
      冬将軍よ、いつでもおいで。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif 
2013.10.15 Tue 15:50:52 | 暮らし| 2 comments
進化する案山子
案山子①

      これぞ秋!という天候に誘われて、農産物直売所「木の花ガルテン
     大山本店」(大分県日田市大山町)まで遠出した。
     
      今年は、いつもより子どもの姿が多い。

案山子③

      木に登っている子もいる。

案山子②

      こちらは家族そろっての栗拾い。

      もちろん、この子どもたちは本物ではなく案山子だ。

            山田の中の一本足のかかし
            天気のよいのにみの傘着けて
            朝から晩までただ立ちどおし
            歩けないのか山田のかかし 


      童謡で歌われた昔の案山子と比べて、今のはオッと驚くほど巧く出来ている。
     これを作るには手間と時間が、どれほどかかったことだろう。

      毎年、作っていた案山子を今年は取りやめた直売所もある。
     今年から始めた木の花ガルテンさんは元気な証拠。
     来年の秋も沢山の案山子で楽しませて欲しい。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif 
2013.10.14 Mon 17:00:58 | 遊び| 0 comments
稲が枯れている
しいら

      山里はいま稲刈りの最盛期だ。
     田んぼを往復するコンバインを見ていると、自然に
     豊穣の秋という言葉が浮かぶ。

      しかし、今年の田んぼは異常だ。
     上の写真のように、稲が変色・枯死している田んぼを頻繁に見掛けるのだ。
     被害が全体に広がっている田んぼもある。
     いもち病だろうか。

      記録的な猛暑や大雨、台風を乗り越えてようやく迎えた秋。
     腐ったワラのような稲に向き合う農家の方々の気持ちは、察するに余りある。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif     
2013.10.12 Sat 19:22:31 | 畑仕事| 0 comments
寝てばっかり
眠

      我が家のオグリは少し変わっている。
     外出から帰って声を掛けても、尻尾を振って飛びついてくることは
     まずない。
     眠っていた目を少し開けて、「何だ、帰って来たのか」という表情を
     するだけ。
     エサをやっても、さほど喜ばない。

      何を喜ぶかと言えば散歩と、軽トラに乗せて畑に連れて行くこと。
     「オイ行くぞ」と言うと、眠っていても飛び起き、尻尾を振って
     まとわりついて来る。

      それで、畑では虫を追ったり、湧き水を飲んだりして、しばらく
     遊ぶけれど、気がついたらまた寝ている。
     寝てばっかりで楽しいのだろうか。

      そう言う自分も、よく寝るからオグリのことを悪くは言えない。
     「世の中に寝るほど楽はなかりけり」だよなオグリ。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif 
2013.10.11 Fri 14:29:42 | 暮らし| 0 comments
雨後にわっと咲く……はずだったが
すだ㊤

すだ㊦

      7日のブログでタマスダレについて、「雨が降って
     球根が潤うと花をわっと咲かせる」(ネットからの引用)と書いた。
     台風24号が九州をかすめて遠ざかった10日、谷間の段々畑に
     タマスダレの“その後”を見に行った。

      ところが、「わっと咲いている」はずの花が見当たらない(写真㊤)。
     あたり一面をイノシシが踏み荒らして、ぐしゃぐしゃにしているのだ。     
     記憶を頼りに花があったあたりに顔を寄せると、いくつかの
     ツボミ(写真㊦)が見つかった。
     
      嵐の夜はイノシシも野生の血が騒ぐのだろうか。
     それにしても、可憐な花に対してひどいことをするもんだ。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif 
2013.10.10 Thu 14:57:02 | | 0 comments
雨後にわっと咲く
たま

      タマスダレは、どこにでも見かける花だが、谷間の段々畑には
     これ(写真㊤)しか咲いていなかった。

      インターネットで検索したら、タマスダレは「乾燥の後に雨が降って
     球根が潤うと花をわっと咲かせる傾向があるので、レインリリィとも呼ばれる」

     書いてある。

      なるほど、谷間の段々畑はここ数日の暑さで土ぼこりが舞うほど乾燥している。
     明日は、台風の接近で大雨の予想。
     球根は十分過ぎるほど潤うだろう。

      台風の被害は御免だけれど、タマスダレがどんなふうに「わっと咲く」か
     楽しみだ。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif     
2013.10.07 Mon 14:56:54 | | 0 comments
ギネス級?回覧板用ポスト
ポスト㊤

      我が家に回覧板を届けてくれるのは隣家のKさん(女性)だ。
     隣家と言っても境に見上げる高さの石垣があるため、Kさんは
     急な坂道を遠回りしなくてはならない。

      それでは高齢のKさんに気の毒なので、大工さんに相談したら回覧板用の
     長い長いポスト(写真㊤)を作ってくれた。
     回覧板をポストの上端から入れたら、写真㊦の横木の所で回覧板が
     止まる仕組み。

ポスト㊦

      後はKさんが庭先から声を掛けてくれれば、当方がポスト下端に
     手を入れて回覧板を取り出すだけ。

      地域の情報連絡に回覧板を使う国が何カ国あるか知らないが、
     垂直に立てたら平屋の屋根に届くほどの長大なポストは、ざらにはあるまい。
     ギネス世界記録級ではないかと、ひそかに思っているが、どんなものだろう。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif      
2013.10.06 Sun 16:05:46 | 暮らし| 2 comments
ウドの老木
ウドの実

      これはヤツデの実ではありません。
     ウドの実です。

      ところで、ウドは、どんな花を咲かせていたか、
     全く覚えがありません。
     山里暮らしが長いのにダメですねえ。

      ウドは若い芽が食用になるものの、大きくなると、建材にも
     ならないことから“役立たず”をウドの大木と言うようになったそうな。

      さしずめ私はウドの老木ですか。やれやれ。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif 
2013.10.04 Fri 14:41:06 | | 0 comments
美しくキラリと輝く……
      抜けた前歯2本の治療がようやく終わった。
     8月上旬に通院を始めて約2カ月、ほかの悪い歯を治すには、
     週1回の通院で、さらに1年近くかかるそうだ。
     「日暮れて道遠し」の感もあるが、人前で笑えるようになったのは
     素直に嬉しい。

      受付カウンターの壁に、こんな俳句のような標語のような
     文言が貼ってあった。

            美しくキラリと輝く入れ歯かな

      私は、入れ歯ではなく差し歯だが
     「もう歯抜け爺さんとは呼ばせないぞ」という高揚感は、この句と共通している。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif    
2013.10.03 Thu 13:59:59 | 暮らし| 0 comments
秋は冬の始まり
赤新芽

      モミジの赤い新芽が小さな手のひらを開いていた。

      山野に点在する小さな秋が“面”になって広がったら、
     それはもう冬の始まりだ。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif
2013.10.02 Wed 15:49:31 | 暮らし| 0 comments
別れのセミ
つく

      庭の木で突然、ツクツクボウシ(法師ゼミ)が鳴いた。
     今日から10月。
     セミの季節は終わったと思っていたので、少し驚いた。

      セミは写真を撮り終えるのを待っていたかのように飛び去り、
     あたりはまた静かになった。
     セミの鳴き納め、聞き納めだろうか。

      黙っていても冬は来る。
     セミよ、トンボよ、そんなに生き急ぎなさんな。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif 
2013.10.01 Tue 17:19:21 | 暮らし| 0 comments
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。