おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
さようなら
切る㊤

切る㊥

切る㊦

      谷間の段々畑の芭蕉を切り倒した。
     簡単な作業に思えたが、足場が悪い上に、芭蕉が滴るほど水を含んでいて重く、
     休み休み2時間ほどかかってしまった。
     気の進まない宿題を年末ぎりぎりになって、ようやく片づけた気分だ。

      とっくに勤め人ではなくなっているのに、師走になると、なんとなく
     気ぜわしい。
     ヒマはあっても、ブログを更新する気持ちの余裕もない。

      そろそろ、ブログをやめる潮時なのだろう。
     2006年5月25日から今日までの8年7カ月に書いた記事数は
     2553本。
     飽きっぽい自分の性格を考えれば、まずまず長続きしたと言えるのではないか。

      平凡陳腐な身辺雑記を根気よく読んで下さった皆さん、ありがとう。
     そして、御機嫌ようさようなら。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif 
関連記事
スポンサーサイト
2014.12.23 Tue 16:27:00 | 畑仕事| 28 comments
紅顔の美男子
さねかずら

      冬枯れの雑木林に赤い実がひときわ目立っている。
     美男蔓(びなんかずら)だ。

      名前の由来は、茎の粘液が整髪料の原料に使われたから、と
     言われているが、見た目もなかなかの美男子ですな。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif 
2014.12.10 Wed 14:23:20 | | 4 comments
猫たちよ、覚悟はいいか
      朝6時半、役場がお知らせを流す有線放送を目覚まし代わりに起床。
     それから薪ストーブに火をつけて、朝刊を取りに出るのが冬の日課だ。

      今朝は、外の様子がいつもと少し変わっていた。
     畑や草木に昨夜降った雪が、わずかに残っていたのだ。
     陽が昇ればたちまち溶ける儚い雪だが、初雪は初雪だ。

初雪㊤

初雪㊥

初雪㊦

      新聞を持って家に戻ったら、黒猫九郎とミーコがちゃっかりストーブの前で
     寝そべっていた。
     寒がりの猫たちよ、これからが冬本番だぞ。
     覚悟はいいな。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif 
2014.12.06 Sat 14:41:50 | 暮らし| 4 comments
涙腺の衰え
      今年は季節を通して雨の降る日が多い、と感じるのは気のせいか。
     今日も雨。
     
      畑仕事をあきらめて、車で1時間ほどの映画館に行き、
     高倉健さんの『幸福の黄色いハンカチ』を見た。
     この映画は、これまで少なくとも5~6回は見ている。
     それなのに「こんなシーンあったかな」と首をひねる場面がいくつもあった。
     過去に見たことがある他の映画でも、しばしば同じ経験をする。
     記憶力がどんどん衰え、そのうち、『幸福の……』をみて、「初めて見た映画だ」と
     言い出しはしないか心配だ。

      今のところ、物語がどう展開するか、よく覚えている。
     先が読めるのに涙が流れて困った。
     来年あたり、また見る機会があったとしても、涙を流さない自信はない。

      年をとると、気力や体力だけではなく、涙腺も衰えて緩むのだろうね。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif      
2014.12.04 Thu 16:27:37 | 遊び| 0 comments
昭和がどんどん遠くなる
寒い朝

      またまた「今季一番の冷え込み」を更新した。
     厚い雲が空を覆い、冷たい風が竹林を揺らす。
     まさに冬景色だ。

      ふいに「北風吹きぬく寒い朝も 心ひとつで暖くなる……」というフレーズが
     頭をかすめた。
     吉永小百合の『寒い朝』だ。
     調べてみたら、小百合ちゃんがこの歌で紅白歌合戦に初出場したのは
     50年以上昔の昭和37年(1962年)だった。

      高倉健さん、菅原文太さんが相次いで逝き、小百合さんも、もう「ちゃん」とは
     呼べない年齢になった。
     昭和がどんどん遠くなっていく。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif 
2014.12.02 Tue 18:42:19 | 暮らし| 2 comments
厭なことは後回し
ばしょうイ

ばしょうロ 谷間の段々畑に芭蕉を切り倒しに行った。
5年ほど前に植えた小さく細い苗(写真左)が見上げる高さに育ち、地中の根が段々畑の古い石垣を壊す恐れがあると言われたからだ。
借りている畑だから、注意されたら切らないわけにはいかないが、何かに使うあてもないのに、ただ切るのは気が重い。

 軽トラからチェーンソーやロープをぐずぐず下ろしていたら、薄日が差していた空がみるみる曇り、雷鳴とともに大粒の雨が叩きつけるように降りだした。
これでは芭蕉を切るどころではない。
走って車に戻りながら、どこかほっとしていた。

 私には厭なことは後回しにしたがる悪い癖がある。
今日のところは天も、その悪癖を大目に見てくれたようだ。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif 
2014.11.30 Sun 16:03:24 | 畑仕事| 0 comments
大馬鹿ではないよ
柚子

      谷間の段々畑に植えて3年目の柚子に実がなった。
     「桃栗3年、柿8年、柚子の大馬鹿18年」なんて言うのは誰だ?

      もう、柚子を大馬鹿とは呼ばせないぞ。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif 
2014.11.27 Thu 14:41:57 | 畑仕事| 2 comments
幸福の黄色い……
しあわせの

      スーパーの入り口近くに大きな看板があった。
     「幸福の黄色いハンカチ」のハンカチの部分を赤い×で消して
     バナナと書いてある。
     つまり、「幸福の黄色いバナナ」。

      熊本には辛子レンコンという名物があって、これも「幸福の黄色い辛子レンコン」と
     うたって売っているのを見たことがある。
     言うまでもなく、どちらも高倉健さんの人気に寄りかかった商法だが、「よくやるよ」と
     思わず口元が緩む。

      バナナは良く売れたらしく、看板の前の白いトレイは全部カラだった。
     幸福の○○と言われたら、つい買ってしまう気持ちは分かるなあ。

   ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif  
2014.11.26 Wed 14:44:10 | 食べる| 0 comments
船底の牡蠣殻
      10/24のブログ 年賀状との別れ に書いた「年賀欠礼の御挨拶を投函した。
     買ったばかりのプリンターで、はがきに印刷した文面に何か一言書き加えたかったが、
     結局、何も書けなかった。
     長らくお世話になった先輩、古くからの友人の皆さん御免なさい。

      長い航海を終えた船の底には牡蠣殻がびっしりついているという。
     私も“入港”を前に牡蠣殻を一つずつ削ぎ落として身軽になりたいと思う年齢になった。
     病気で倒れたり、認知症になる前に年賀欠礼のはがきを出したのも、
     その気持ちの表れだ。

      我が船底には、まだまだ沢山の牡蠣殻が付着している。
     もう2度と身につけることがないであろう背広やネクタイ、読み切れない本、
     第三者には何の価値もない書類、スクラップ、写真などは、遺された者にとって
     迷惑以外の何物でもないだろう。

      作家つかこうへいさんの遺書の一節が何かにつけて頭の中によみがえる。
     「先に逝くものは、後に残る人を煩わせてはならないと思っています」

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif      
2014.11.25 Tue 16:46:38 | 仕舞い支度| 6 comments
予期せぬ出費
prin 10年使って寿命が尽きたプリンターをあきらめて、新しいプリンターを買った。
印刷のほか、コピーとスキャンの機能も付いて6000円でお釣りがくる。
初期設定の費用と合わせて、ちょうど11000円だった。

 10年前に買ったプリンターが幾らだったか覚えていないけれど、こんなに安くなかったように思う。
ただし、インク一箱が3600円もする。
二箱買えば機械本体より高くなる計算だ。
機械を安く売って、消耗品で利を得ようとしている、と思うのはげすの勘繰りだろうか。

 ここ数カ月の間に、プリンターのほかメガネのレンズ、車のタイヤ2本、玄関の鍵、電話機などを買い替える予期せぬ出費が続いた。
次は何が壊れるか。
洗濯機が変な音を出しているが、大丈夫だろうな。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif 
2014.11.24 Mon 15:26:59 | 暮らし| 0 comments
赤い翼の小鳥
つばさ

      裏庭の小さな小さな菜園の一角に香草コーナーがあって、
     いまチェリーセージ(?)の花が沢山咲いている。
     粗食育ちだから、香草を利かした料理とは、とんと縁がない。
     花も横目で見る程度だったが、今日はたまたま、じっくり眺めて
     妙なことに気づいた。

      この花は赤い翼を広げた小鳥に見えるぞ、と。
     皆さん、そうは思いませんか。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif 
2014.11.16 Sun 15:39:51 | | 2 comments
柿は嬉しいだろうが
つるし

      今日は寒かった。
     「この秋以降、一番の寒さを記録」とラジオのアナウンサーが言っていた。
     きのうも同じことを言っていたような気がする。

      冬本番。
     これからは毎日、寒さの記録を更新していくだろう。

      軒下に吊るした柿は熱湯をくぐらせて殺菌しても、気温が上がると
     カビが生える。
     だから、寒くて冷たい北風が吹けば都合がいい。

       年々、寒さが身に応えるようになった私は複雑な気持ちだ。

     ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif 
2014.11.14 Fri 16:29:30 | 暮らし| 0 comments
野ぶどう
ぶど

      オグリと散歩する川沿いの藪に野ぶどうがたくさん実をつけていた。
     野ぶどうは実を焼酎に漬けて半年ほど寝かすと、腰痛や関節痛に効くと
     聞いたことがある。
     以前にも試したが、即効性がなかったので、長続きしなかった。
     根気よく飲み続けたら、効くだろうか。

      長年、整形外科のお世話になり、今も週1~2回、整骨院でマッサージを
     受けている。
     ダメで元々、藁をもつかむ気持ちで、もう一度、野ぶどうを試してみようと思う。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif     
2014.11.13 Thu 20:15:53 | その他| 2 comments
似ても似つかぬ親子
なたア
     
      写真㊤は7/27日のブログ「緑のカーテン その後」で紹介した
     ナタ豆の花だ。

なたイ

      開花から3ヵ月余り経って、立派なナタ豆になった。
     人間の親子は、どこか似ているものだが、植物の実は、どこにも
     花の面影が残っていない。

      当たり前のことかも知れないが、私はその変身の意外性に
     いつも感嘆する。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif 
2014.11.09 Sun 09:38:57 | | 0 comments
一度、言ってみたい
三品

      知人がコンテナ一杯の渋柿と、(コンテナ右側・上から)カボス、
     甘柿、カライモを届けてくれた。
     「とれ過ぎたので、貰ってくれたらありがたい」だって。

      知人がリタイヤ後に畑仕事を始めたのは私よりずっと後のこと。
     しかし、とれ過ぎて人に配った経験は、私にはない。
     どこが違うのだろう?

      渋柿で干し柿、甘柿で柿酢を作るつもり。
     大助かりだ。

      「とれ過ぎて困ってるんですよ。貰ってくれないかなあ」なんて
     一度でいいから言ってみたいね。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif 
2014.11.07 Fri 15:43:32 | 畑仕事| 0 comments
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。